胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: スマートフォン

    いよいよ2月9日にdocomoから発売される ZTE M Z-01K ですが、海外では米国と中国ですでに Axon M という製品名で発売が開始されています。私は今回中国版の ZTE Axon M 6GB/128GBモデルを購入しました(日本で発売されるモデルは4/64GB版です)。過去にdocomoより発売されていたMEDIAS Wの後継機とも言われている屏風スタイルの折りたたみ可能なスマートフォンですが、さてどんな感じでしょうか? 
    20180207_143640

    パッケージはブラック、中華端末にありがちなデザインです。付属品はUSBケーブル、充電アダプタ、イヤフォンとスリーブケース。このケース、ちょっといい感じなのでうれしかったです。 
    20180207_143710

    20180207_143805

    Axon M 本体は、ヒンジ以外はでっぱりもなくすっきりとそていて思ったよりもとても美しいな、という印象です。ストレートに折りたたんだ状態では厚みは出てしまいますが、それでも違和感なく持ち歩きはできそう。重量があるのでYシャツの胸ポケットに入れるとちょっと下がりそうではあります。 
    20180207_143941

    開いた状態にすると結構な面積に。これだけ広ければスマートフォンでそのまま電子書籍を読んだり、地図を見たりするよりも、かなり快適になりそうです。 
    20180207_144000

    20180207_144613

    ちなみにGoogleストアアプリのインストールはZTE端末独自のホーム画面管理アプリからまずはプロテクトを解除し、それから入れていく形になります。
    このあたりはZTE端末の海外版の情報を検索してみてください。

    それにしても思ったより完成度も高いですし、なかなか良さそうです。なぜ日本ではdocomoは上位版を発売してくれなかったのか残念に思います。 

    とりあえずは開封レポでしたので、このあとアプリの対応などいろいろ試していきたいと思います。 

    表参道ヒルズで、日本国内市場に初参入する中華スマートフォンメーカーOPPOのイベントが開催されました。日本市場に投入するスマートフォン「R11s」を利用し、写真家の角田修一氏が撮影した写真による写真展も開催されています。 
    20180131_124649

    自撮り体験コーナーでは「R11s」を使っての自撮り体験や、コンパニオンの方を実際に撮影してみるコーナーなども用意されています。なかでもポートレート機能による背景のぼかしの具合がとても自然で美しく、なかなかの仕上がりに。これを利用した写真も多く展示されていましたが、パネルサイズに引き延ばされた遊園地でのポートレート写真などだけでなく、かわいいハリネズミの写真もあって、そういうシーンもとても綺麗にかわいく写っていておどろきました。 
    20180131_125450

    カメラの撮影機能としてはポートレート機能だけでなく、インカメラによる自撮りモードのときに手のひらをカメラにかざすと自動的にタイマー撮影が出来るなど、すでにHuaweiやSamsungが対応しているような機能なども盛り込まれていて、その場で試すこともできました。

    「R11s」自体はとてもスリムでシンプルなデザインのですが、なんとなく見た目の特徴はありません。普通によくある四角いデザイン、という印象です。
    ただ、これまでの格安スマホにありがちなやぼったさはあまりないように思います。

    日本市場で戦う相手はHuaweiやASUSだけでなく、LGやSamsungあたりになってくるのかもしれませんが、それにあわせて端末価格が6万円前後と価格設定がやや高めなのが気になります。この値段を日本の「中華製品は粗悪で銭失いになる」と思い込んでいる層に対して売り込むのはまだ正直難しいところがあるかもしれない、と思うからです。 
    20180131_124709

    おそらくOPPO自体もそう思っているからこそ、表参道ヒルズで大々的にイベントを行い、テレビや各種メディアを使って、最新のiPhone Xとのカメラ画像比較などを紹介してもらっているのだと思います。が、本体のデザインもう少し日本の自撮り女子たちにうけそうな感じに(メタリックレッドは美しかったですが)仕上げてほしかったな…と思ってしまいました。

    実際に発売されるまでに時間が経ってしまうと、いつのまにか発売されている製品というのが最近わりとありますが、今回入手した Yotaphone3 もそんな端末のひとつでした。
    前モデルである Yotaphone2 は電子ペーパーを背面に搭載した2画面端末として注目を集めました。その次機種ということで発表当初は話題になったものの、その後しばらく話題から消えていきました。
    昨年秋頃に発売はされたのですが中国国内のみでの販売、端末も中華版しか無かったのですから仕方ありません。今年になって欧州でも発売が開始になるという情報もありますが、まだあまり出回ってはいないようです。
    今回私が入手したものも中華版となっています。
    20180130_190438

    Yotaphone3 のパッケージは中華端末にありがちなちょっと豪華な箱でしたが、内側にデザインされてるこの顔の濃い人はいったい誰なのかは不明…
    20180130_190529

    さて、本体のデザインですが Yotaphone2 と比べると普通のスマートフォンのデザインになってしまったな、という印象です。以前のデザインが丸みを持っていたのに対して、シンプルなデザインです。むしろ初代に近いかもしれません。
    20180130_190833

    こちらは中国国内版で、最近の中華端末にはわりと搭載されるようになった日本語ロケールは非搭載でした。またGoogle系のアプリケーションも一切インストールされていません。
    そこで同様の中華端末にPlay Storeなどをインストールする方法を使ってはまずはPlay Storeをインストール、その他のGoogleアプリケーションはストアからインストールできました。ロケールに関してのみは変更するにはroot化しなければならなくなるのでいじらないことにしました。

    実際に触ってみると、発売後に中国コミュニティで言われていたこの機種いちばんの問題点がすぐ分かりました。
    Yotaphone2 のときには使えた、簡単に背面の電子パネルですべてのアプリケーションを利用できたミラーリング機能が用意されていない、ということです。 
    20180130_190648

    背面の電子ペーパーで利用できるのは、あらかじめ対応されたYotaAppのみ(ほぼすべて中華アプリ)、Yotaphone2 とは互換性がありません。日本での環境で利用できるのはAmazonのKindleアプリくらいのものでした。

    これにより Yotaphone3 の評価はさんざんなものとなっていますが、実はミラーリングして利用する方法があります。エンジニアリングモードに設定から本体を切り替えたうえで、電話アプリを立ち上げ、*#*#9738#*#*にダイヤルすると、ミラーリングテスト画面を起動できます。ミラーリングスタートをタップすると、電子パネル側ですべての機能を利用できます。
    ただし、スリープすると元に戻ってしまいますので、そのときには再度起動しなおす必要があります。 
    20180131_071254

    もちろんミラーリングですから、Twitterも使えますし…
    20180131_071320

    YouTubeも観ることができます。
    20180131_072312

    とりあえずさくっと使ってみた感じとしてはOSとしてはやはりバージョンもあがり、コネクタもUSB Type Cになったことで便利になったと思います。ただ、イヤフォンジャックが廃止されたり、先に書いたように電子パネル側の機能に利用できるとはいえ通常では制約があることなど、残念さは否めません。
    欧州モデルで今後このあたりが改善されてくれるとうれしいのですが、今後のバージョンアップによる解放に期待したいところです。

    [画像:b640edba-s.jpg]
    ピーアップから発売が開始され、先行して携帯ショップ「テルル」で販売されているということで、テンキー採用の折りたたみ式Androidスマートフォン「Mode1 RETRO」を購入しました。
    [画像:697cb6b5-s.jpg]
    カーボン柄が素敵で、カラーはブラックとホワイトがありますが、ホワイトは店頭でややすでに汚れがきになったので、ブラックを選びました。
    ストラップホールが本体向かって左にあります。
    [画像:593994a1-s.jpg]
    内側はブラックモデルはピンクゴールドっぽい色味です。文字は見やすいサイズ。
    キーのクリックはわりとしっかり押さないと、という感じでしょうか。押しにくくはありませんが、もう少し軽い方が疲れないかもしれません。
    [画像:7fbc9f4f-s.jpg]
    画面は3.5インチIPS液晶で、解像度はワイドVGA(800×480)となっています。最近の大画面に慣れていると狭く感じるかもしれません。
    ただ、通話とメールやメッセンジャー、SNS程度ならあまり困りません。
    [画像:55835bb3-s.jpg]
    上部にあるふきだしマークのキーは?と思ったらアプリの呼び出しキーでした。

    動作がやや緩慢なのはメモリが2GBとやはり厳しいからだと思います。サクサクとした最近の機種に慣れていると、やや懐かしいもっさり感があります。
    ただ、キーの操作性は悪くは無いので、せめて4GBは搭載して欲しかったです。

    また、Android7.0を採用しているので、様々なアプリが普通に使えるテンキー採用のSIMフリー端末として安心して使えます。

    ちなみに文字入力にはOpen Wnnが採用されており、上部にある文字種チェンジ、顔文字、絵文字のキーにも対応しています。タッチパネルも搭載していますので、タッチパネルを利用するタイプの入力方式も利用できます。

    値段も税金込で2万円ちょっと、と大変格安ですので、ガラケースタイルでサブ機として、というニーズにはよいのかもしれません。

    BlackBerry KEYoneはちょうど夏前くらいに一時的に使っていたのですが、その後国内代理店からも発売が開始になり、私は手放してしまったのですが、何故かその後7月になってインドでLimited Editionと呼ばれるモデルが発売されたのでした。メモリが3→4GBに、データ容量が32→64GBに強化され、カラーリングはブラック!はじめからこちらで発売して欲しかったレベルですが、このLimited Editionがやってきました!
    [画像:db8c7fd2-s.jpg]
    こちらにちゃんと記載がありますが、それぞれ容量がアップされています。
    [画像:e8b8bf59-s.jpg]
    開封してみます。確かにブラック…カッコイイです。
    [画像:681eba1b-s.jpg]
    [画像:191cf668-s.jpg]
    通常モデルと違い、背面のロゴもブラック。
    [画像:57e3edc6-s.jpg]
    インド版ですが、キーボードはグローバル配列でなんら問題ありません。

    実際起動してちょっと使ってみたのですが、通常モデルより動作はキビキビしているように感じます。
    [画像:1423a120-s.jpg]
    Antutuの結果です。

    ケースに入れてしまうのがもったいないようなカッコ良さで、クリアケースを早急に入手しなければなぁ…と思っています。

    このページのトップヘ