胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: スマートフォン

    [画像:b640edba-s.jpg]
    ピーアップから発売が開始され、先行して携帯ショップ「テルル」で販売されているということで、テンキー採用の折りたたみ式Androidスマートフォン「Mode1 RETRO」を購入しました。
    [画像:697cb6b5-s.jpg]
    カーボン柄が素敵で、カラーはブラックとホワイトがありますが、ホワイトは店頭でややすでに汚れがきになったので、ブラックを選びました。
    ストラップホールが本体向かって左にあります。
    [画像:593994a1-s.jpg]
    内側はブラックモデルはピンクゴールドっぽい色味です。文字は見やすいサイズ。
    キーのクリックはわりとしっかり押さないと、という感じでしょうか。押しにくくはありませんが、もう少し軽い方が疲れないかもしれません。
    [画像:7fbc9f4f-s.jpg]
    画面は3.5インチIPS液晶で、解像度はワイドVGA(800×480)となっています。最近の大画面に慣れていると狭く感じるかもしれません。
    ただ、通話とメールやメッセンジャー、SNS程度ならあまり困りません。
    [画像:55835bb3-s.jpg]
    上部にあるふきだしマークのキーは?と思ったらアプリの呼び出しキーでした。

    動作がやや緩慢なのはメモリが2GBとやはり厳しいからだと思います。サクサクとした最近の機種に慣れていると、やや懐かしいもっさり感があります。
    ただ、キーの操作性は悪くは無いので、せめて4GBは搭載して欲しかったです。

    また、Android7.0を採用しているので、様々なアプリが普通に使えるテンキー採用のSIMフリー端末として安心して使えます。

    ちなみに文字入力にはOpen Wnnが採用されており、上部にある文字種チェンジ、顔文字、絵文字のキーにも対応しています。タッチパネルも搭載していますので、タッチパネルを利用するタイプの入力方式も利用できます。

    値段も税金込で2万円ちょっと、と大変格安ですので、ガラケースタイルでサブ機として、というニーズにはよいのかもしれません。

    BlackBerry KEYoneはちょうど夏前くらいに一時的に使っていたのですが、その後国内代理店からも発売が開始になり、私は手放してしまったのですが、何故かその後7月になってインドでLimited Editionと呼ばれるモデルが発売されたのでした。メモリが3→4GBに、データ容量が32→64GBに強化され、カラーリングはブラック!はじめからこちらで発売して欲しかったレベルですが、このLimited Editionがやってきました!
    [画像:db8c7fd2-s.jpg]
    こちらにちゃんと記載がありますが、それぞれ容量がアップされています。
    [画像:e8b8bf59-s.jpg]
    開封してみます。確かにブラック…カッコイイです。
    [画像:681eba1b-s.jpg]
    [画像:191cf668-s.jpg]
    通常モデルと違い、背面のロゴもブラック。
    [画像:57e3edc6-s.jpg]
    インド版ですが、キーボードはグローバル配列でなんら問題ありません。

    実際起動してちょっと使ってみたのですが、通常モデルより動作はキビキビしているように感じます。
    [画像:1423a120-s.jpg]
    Antutuの結果です。

    ケースに入れてしまうのがもったいないようなカッコ良さで、クリアケースを早急に入手しなければなぁ…と思っています。

    さて、ある意味毎年恒例なこの季節ですが、SAMSUNGからスマートフォンの新機種Galaxy S8/S8 Plusが発表されました。国内でもたぶん発売になりますがまだ先ということで、先にGalaxy S8 Plusを購入しました。
    image


    個人的には大画面のほうが好きなので、ノーマルには興味なし。なぜなら写真観るにしても、ゲームにしても、Twitterにしても、やはりその方が見やすいし、見せやすいから。
    image


    パッケージの中身で面白いな、と思ったのは今回からコネクターがUSB type cになったのですが、変換コネクタが2種類付いてきたことです。これは便利。
    image


    また、最近はイヤフォンジャックを搭載しないブームがiPhone7以降やや到来していますが、Galaxy S8/S8 Plusにはちゃんと付いているのは好感度アップです。
    image


    付属のイヤフォンはAKG製でした。やはり様々なイヤフォンを楽しみやすいノーマルのイヤフォンジャックにはまだまだ消えて欲しくないです。
    image


    今回購入したのはOrchid Gray。パッと見は淡いブルーにも見える渋い色です。ゴールドの実機も見て悩みましたが、今回のゴールドが茶色っぽい色でして、どちらかといえばブロンズに近く、それならこちらかな?と選びました。
    image


    この画面いっぱい感はすごいですね。ただ、馴染みあったホームボタンが物理ではなくなったので、そのあたりがどうなるのかな?と思っています。とはいえ、まる1年使ったわたしのメインスマホであるGalaxy S7 Edgeのホームボタンは、最近はグラグラするので、故障しやすいパーツを減らすという意味もあったのかな、と思っています。
    image


    とりあえずまずは設定と、カメラ機能がどれくらい進化したのかあたりを試したいです。

    さて、実は先日海外版のHuawei mate9がなぜか本体だけという状態で販売されていたのを安く買い使って気に入っていました。いまは国内でも販売開始されていますが、ワイドアパチャー対応のLeicaブランドを許可された、デュアルカメラがすばらしいです。

    さて、またまた先日ふらりとチェックしたサイトでなんとHuawei mate9 Proまで見つけてしまい、海外版を直接輸入するより安くて買ってしまいました。
    image


    カラーはゴールドです。
    image


    背面の質感は高級感があります。
    image


    いわゆるエッヂディスプレイとなっています。一見すると、SAMSUNG Galaxy S7 edgeにかなりそっくりです。
    image


    ところが、実際に並べてみるとやや違いがあるのがよくわかります。
    まず、質感はHuawei mate9 Proのほうが高級感がありがっしり。Galaxy S7 edgeは樹脂っぽさが際立っています。
    厚みはmate9 Proのほうがやや厚く、またedge部分の際の段差がやや感じられます。
    それから液晶の端の部分がmate9は湾曲していないように見えます。
    image


    実際に起動してmate9とmate9 Proを比較してみると、液晶パネルの色温度がやや違うようで、解像度はmate9 Proが高いので綺麗なはずですが、白がはっきり白くくっきりした発色なのはmate9のように感じます。ただ、これはパネルの個体差もあるかもしれません。

    カメラに関しては同じ操作性で、mate9よりも片手操作がぎりぎりできるくらいの大きさですから、日本でmate9 Proが登場したらかなり魅力的な端末になるはずです。

    カメラにおそらく違いはないと思いますが次回比較してみたいと思います。

    さて、もう年内はまだレビューしていない(^_^;)Huawei mate9もあるし、スマートフォンはいいかな、と思っていたのですが、なかなか入手が現状厳しい端末が入手出来てしまいました。Xiaomiから発売され、あまりの人気に現地ですら入手が大変な、Xiaomi mi mixです。
    image


    何がこのXiaomi mi mixの魅力かといえば、やはり画面が、、、フレームの狭さが凄いんです!
    image


    特に、端末の上部ぎりぎりまで液晶なのがすごいです。側面よりその影響が大きいかな?と感じます。
    image


    また、Xiaomiは様々なテーマをダウンロードして、端末画面をカスタマイズするのも楽しいんですよね。
    image


    ちなみにGalaxy S7 edgeと並べるとこんな感じ。Galaxyのほうが輝度が強いです(両方とも最大輝度設定)。色合いはXiaomiのほうがより自然かもしれません。
    image


    こちらはHuawei mate9と並べたところ。色調は似た感じです。本体サイズも似ていますが、丸みのあるmate9と四角いXiaomi mi mixは、持ったときの印象も違いますし、画面はやはりmi mixの方が大きいです。
    image


    image


    image


    とりあえず画面はすこぶる綺麗、四角いXPERIAのようなフォルム、質感はとても良い、動作も快適、という感想です。ただ、最強のカメラを誇るHuawei mate9や、やはりカメラに注力しているSamsung Galaxyより、カメラの画質はやや普通すぎるようです。せっかく美しい画面なので、カメラがHuawei並なら嬉しかったですね。そのあたりの比較はまたまとめたいです。

    実は一度128GB版が来て、それを手放し、256GB版にしましたとさ。

    このページのトップヘ