胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: タブレット

    今朝方Android版のLenovo YOGA BOOKが届きました。すでに手元にあるWindows版との比較もしながら紹介したいと思います。
    image


    まずパッケージですが、まったく同じなのですが開封時に開く帯の部分の色とデザインされている端末の画面のがちゃんとそれぞれ違いましたAndroid版がクリーム色、Windows版が淡いブルーです。
    image


    本体は外観はまったく同じです。
    image


    ただし色味が違います。黒っぽい方がWindows版ですが、こちらのほうが指紋がやや目立つ印象です。
    image


    あまりに薄いので、こうして2台並べても、まさに「2冊」という印象。
    image


    電源を入れてまずはセットアップですが、Windows版がいきなり英語でびっくりしたのと違って日本語でした。
    image


    また、設定途中ではチュートリアルが表示されます。これはWindows版にはありませんでした。
    image


    ホーム画面が開きました。すっきりしていますが、ヤフーやEvernoteアプリなどがインストールされていました。
    image


    Windows版とAndroid版を並べてみます。左がAndroid、右がWindowsです。
    image


    キーボード部分のレイアウトがよく見るとかなり違うのがわかります。
    とくにマウスパッド部分のデザインの違いが目立ちます。

    こちらがAndroid版のキーボード。
    image


    こちらがWindows版のキーボードです。
    image


    気になっていたAndroid版の文字入力は、FSKARENがプリインストールされていました。
    image


    さてペン機能ですがやはりやや異なります。ですが、それ以前にAndroid版はこちらもチュートリアルが用意されています。
    店頭販売されていないAndroid版のほうが丁寧な印象です。
    image


    一番のウリのHalo Keyboardの設定に至ってはここまで作り込みが違うのか、というくらい違います。

    まずWindows版ですが設定項目が音と振動のオンオフ、輝度調整、スリープ時間くらいしかありません。こちらはコントロールパネルのプログラムから設定できます。静かな場所でのキーボード振動が気になる場合にこちらでオフに出来ます。
    でもこれがどこで設定できるのか探すのに苦労しました。
    image


    かたやAndroid版は設定からすぐ開けます。
    振動のオンオフだけでなく強弱も設定できますし、入力速度や感度、履歴の管理までできます。
    image


    ざっくりと使ってみた感想としてはAndroidのほうが気楽にサクサク使える印象です。
    親切度合いの差がこんなにあると、なんだろうなぁと思ってしまいますね。とはいえ、Windowsアプリを使いたい人はそちらになるとは思いますので、Windows版も細かな設定ができるようになるといいと思います。

    発表からもうずっとジリジリ待っていたものを入手してきました。Lenovo YOGA BOOK です。
    image


    パッケージからして、PCらしからぬセンスで素敵です。ブック、というからに箱までそんな感じに。
    image


    中には本体、ノートパッド、充電アダプタ、MicroUSBケーブル、スタイラスペン(ノートパッド用に付け替え可能なボールペン芯も付属)などが入っています。
    image


    本体はシンプル、スタイラスと置くと本当にノートのようです。
    image


    イヤミにならない程度にロゴマークが。
    image


    ヒンジはこんな形状で、ほかのYOGAシリーズにもあるタイプと同じみたいです。
    このヒンジのおかげで、パタンと折り曲げたタブレットスタイルや、半分ひらいて立てて使うスタイルなどで使うことが出来ます。
    単純に美しいです。
    image


    ひらいてみます。なかに説明用の透明シートが。
    image


    電源を入れると、しばらくしてキーボードが光りました。平らなキーボード、不思議です。
    image


    設定を開始、こちらはWindows LTEモデルです。
    image


    それにしても、本当にうすくて驚きます。
    image


    ちなみに実測で701gでした。キーボード付きでこの重量は魅力的です。
    image


    まだ設定して軽く試してみた段階ですが、キーボードにはかなり違和感を覚えます。慣れるまでどうかなと、ペンに関してはペンタブに近い感覚なのかもしれません。素直に楽しいです。
    android版も届く予定ですので、追って比較しながらお伝えしたいです。

    電子書籍リーダーでおなじみのKindleでも採用されている電子ペーパー。この電子ペーパー端末のなかでは、現状SONYのDPT-S1が13.3インチで最大。ところが、これと同じサイズでしかもandroid端末でもある、Onyxの電子ペーパー端末 Boox Max が発売になりました。海外版の入手がなかなかに厳しいところ、SKNET SHOPさんに入荷したのでこちらから購入しました。
    image


    パッケージはKindleのそれを巨大にしたようなイメージ。やはりでかい、、
    image


    蓋を開けると、なんとフェルトケースに本体は入っていました。すぐ使えてこれは便利!
    image


    そのほか充電用ケーブルとペン、ペン先の替え、マニュアル、保証書が同梱されています。
    image


    さてこちらがBoox Maxの本体、見た目の大きさよりも軽く感じます。
    image


    本体左下部には操作ボタンがあり、ページめくりなどに使えます。
    image


    ペンは本体右上にホルダーがあり、そこにはさめます。
    image


    電源は本体左下下部にありますが、これを押して起動します。
    image


    本体の初期設定をして日本語にし、アプリケーション一覧を開きます。
    image


    Google Playがあるので、普通にアプリケーションのインストールができます。
    image


    Google Playはこんな感じです。ただ、androidのバージョンが現在は4.0.4のため、利用可能なアプリケーションが少ないのがネックです。
    image


    とはいえ、純正のリーダーアプリケーションでも自炊データの読み込み、書き込みなどは問題ありませんし、簡単に絵を描くアプリケーションもありますのでそこまで困らないかもしれません。

    動作などはこれからテストしたいと思います。

    なお、SKNET SHOPさんで購入したのは、やや高くなったとしても、初期不良のチェックを、細かくしてくださっていたり、対応してくださるメリットがあるからです。やはり個体差が出ると困る端末の場合にはサポートがしっかりしているショップがいちばんだと思います。

    メインで持ち歩くPCをどうしようかと悩み続け、しばらくキングジムのポータブックを使っていましたが、画像処理なども含めてもう少し使いやすく、MacBook Airの代わりになるくらいのものがほしくてどうしようかと悩んでいたのですが、SamsungのWindowsタブレット Galaxy Tab Pro Sを購入しました。ブラックとホワイトがありますが、私が購入したのはホワイトのWi-Fiモデルです。
    20160614_110705
    実は発表直後から欲しかったのですが、価格がやや高めでした。今回はやや値下がりしたタイミングを狙うことができました。
    20160614_110740
    似たタイプでいうとよく比較されるのはMicrosoft Surfaceシリーズとなりますが、このGalaxy Tab Pro Sはより軽く薄く、そしてキーボードカバーが別売りではなく付属してきます。
    20160614_111020
    開封してみました。こちらがキーボードカバー、上に乗っているのが本体です。
    20160614_111038
    キーボードはすっきりとしたデザインですが、キーのクリック感はしっかり感じられます。とはいえ、重すぎず軽快に文字入力を行うことができます。
    20160614_111054
    さて、Galaxy Tab Pro S本体ですが、写真のように本当に薄いです。これまでのandroidタブレットと同じくらいに薄いので、Windows機と思えないくらいです。
    20160614_111106
    このコネクタでキーボードカバーと接続されます。
    20160614_111110
    本体に搭載されているのはUSB Type Cコネクタのみとなっています。そのせいか大変側面がすっきりとしています。
    20160614_111142
    さて、キーボードカバーですが、スタンドとしては二段階に高さ調整が可能となっています。ここがSurfaceとの違いで、本体側にはキックスタンドのようなものは付いていません。
    20160614_111205
    低い角度だとこれくらいです。途中の角度はないので、そういう風に使いたい場合には、別途なんらかのスタンドを利用したほうがいいのかもしれません。
    20160614_111241
    なお、キーボードカバーの手前部分にはNFC機能を示すマークがあります。スマートフォンを連携してロックを解除したりする機能があるようですので、そのあたりの設定で使えるのかもしれません。そのあたりはまだ試してみていません。
    20160614_111302
    電源を入れてみました。さすがパネルがAMOLEDだけのことはあって、大変美しく、明るく見やすいです。
    20160614_113145
    さて、ざっくりと開封レビューをしてみました。これまでSamsungのアンドロイドタブレットは様々な機種を使ってきましたし、Windows機もATIVシリーズを使ってみたこともあります。ですが、今回はあえてこれまでのATIVシリーズという名称を捨て、Galaxyシリーズの名前を冠したWindowsマシンを発売してきたので、とても気になっていました。
    こうしてSamsungのGalaxy NoteシリーズでおなじみのS Noteアプリを入れても、連携して快適に使えそうです。

    アップルのiPadとiPhoneのような連携した使い方を、スマートフォンとPCでやってしまおう、という方法は、なかなかおもしろく便利になりそうな気がします。

    残念ながらペンは別売なのですが入手できなかったので、別のペンで何か使えるものを用意して使いたいと思っています。

    先日世界一ちっちゃいスマホが来ましたが、こんどはその逆のスマホが来ました。中国のLeTVの6.33インチの大画面スマートフォン、LeTV Max X900です。
    2016-05-26-19-56-34


    ずっと興味がありましたがなかなか購入できず、ようやくやって来ました。購入したのはゴールドの64GB版です。
    2016-05-26-19-56-47


    ちなみにこちらUSBTypeCを採用していますので、変換アダプタが付属していました。
    2016-05-26-19-57-16


    そしてなぜかクリアケースまで付属していて、それに入った状態でパッケージされていました。
    2016-05-26-19-57-42


    2016-05-26-19-59-18


    2016-05-26-19-59-28


    2016-05-26-19-59-24


    LeTV Max、iPhoneSE、Micro X S240を並べたらなんだかおかしな感じに。
    2016-05-28-08-16-08


    S240の縦サイズがLeTV Maxの横幅とほぼおなじです。
    2016-05-28-08-16-36


    付属のランチャーが好みではなかったのでGoogleランチャーに変えました。画面の綺麗さはすごいものです。解像度はQHD(1440✕2560)です。
    2016-05-28-08-17-11


    雑誌も綺麗に表示されます。
    2016-05-28-08-19-38


    そして何より動画視聴がとてもよい感じに。NHKオンデマンドを表示してみましたが、ベゼルが狭く美しい画面表示で楽しめます。
    2016-05-28-08-24-29


    日本語ロケールも入っていて安心でした。6.33インチということで、SONYのXperia Z Ultraを彷彿とさせます。あの後継機が出ないので 本当に残念でなりません 。 これに採用しているカメラのモジュールはソニー製で 液晶パネルはシャープ製と言われています。 良いメーカーの良い製品の良い部分だけを使い製品を作り出す中国のパワーには心底驚かされます。

    このページのトップヘ