胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: デジタルガジェット

    ワイヤレスイヤフォン、いまはもういろいろな種類が登場していますが、その先駆けでもあったのがearin M-1でした。しばらく愛用していて、いまでもあの装着感は大好きだったなと思うのですが、若干電波干渉を受けるという問題があったのです。そういう部分など改良したモデルが発売される、という話が出てからもうずっとずっと遅延しまくって、ようやく発売開始になりました。それがこのearin M-2です。
    20180222_205033

    今回のモデルからイヤーピース部分が低反発素材になりました。少し押し込むような形で装着すると、耳穴のなかで広がってフィットし、隙間をつくらないタイプです。ただ、この難点は耳穴にちゃんとあうサイズでないとフィット感を得られないこと。いくつか試して自分の耳似合うサイズのものをきちんと装着しないと、音がむしろくぐもってしまったり、抜けが悪く感じたりしてしまうので注意が必要です。
    20180222_205107
    外装をはずしてパッケージを開くと、本体、かえのイヤーピース、充電用ケーブルが入っています。M-1は中央部分から開くかたちで、その部分にふくらみがありました。M-2ではフラットなデザインとなり、片側から引き出すデザインになっています。

    イヤフォン本体の設定管理はスマートフォンにインストールしたアプリケーションから行います。M-1を使っていた人は、M-2用のアプリケーションはまた別なので、新しくストアで公開されたアプリケーションをインストールする必要があります。

    まだ屋外でさまざまな電波が飛び交っている場所で試していないのですが、少し視聴した感想としては音質は大きな差があるかというと、ちょっとまだよくわからないなぁという感じ。ただ、好みの音質なのでこれから使っていくなかで微調整などでなんとかなるかもです。装着感に関しては正直私はこの低反発タイプが苦手なので、イヤーピースも互換性のあるものがあれば試してみたいと思います。

    それにしてもずっと予約していた方々もいたわけで、本当に発売までが長かった、といいますか長すぎたイヤフォンとなってしまいました。私は当日予約で買えましたがしばらくは品薄が続きそうです。

    というわけで、日本で発売されたドコモ版を入手しました!
    20180220_171941
    背面のロゴがMマークだけなのが日本版、AXON M表記が中華版です。

    20180220_171910
    ヒンジ部分を曲げると、日本版にはドコモロゴがあるのがわかります。

    20180220_172039
    色温度はたぶん個体差。

    20180220_171845
    2つ並べて屏風状態にしてみました。

    容量は日本版は少なく64GBで、メモリも4GBですが、フォントなどがroot化せずに日本語フォントなのは、やはり落ち着きます。
    上位版を日本でも発売して欲しかったですね。

    実際に発売されるまでに時間が経ってしまうと、いつのまにか発売されている製品というのが最近わりとありますが、今回入手した Yotaphone3 もそんな端末のひとつでした。
    前モデルである Yotaphone2 は電子ペーパーを背面に搭載した2画面端末として注目を集めました。その次機種ということで発表当初は話題になったものの、その後しばらく話題から消えていきました。
    昨年秋頃に発売はされたのですが中国国内のみでの販売、端末も中華版しか無かったのですから仕方ありません。今年になって欧州でも発売が開始になるという情報もありますが、まだあまり出回ってはいないようです。
    今回私が入手したものも中華版となっています。
    20180130_190438

    Yotaphone3 のパッケージは中華端末にありがちなちょっと豪華な箱でしたが、内側にデザインされてるこの顔の濃い人はいったい誰なのかは不明…
    20180130_190529

    さて、本体のデザインですが Yotaphone2 と比べると普通のスマートフォンのデザインになってしまったな、という印象です。以前のデザインが丸みを持っていたのに対して、シンプルなデザインです。むしろ初代に近いかもしれません。
    20180130_190833

    こちらは中国国内版で、最近の中華端末にはわりと搭載されるようになった日本語ロケールは非搭載でした。またGoogle系のアプリケーションも一切インストールされていません。
    そこで同様の中華端末にPlay Storeなどをインストールする方法を使ってはまずはPlay Storeをインストール、その他のGoogleアプリケーションはストアからインストールできました。ロケールに関してのみは変更するにはroot化しなければならなくなるのでいじらないことにしました。

    実際に触ってみると、発売後に中国コミュニティで言われていたこの機種いちばんの問題点がすぐ分かりました。
    Yotaphone2 のときには使えた、簡単に背面の電子パネルですべてのアプリケーションを利用できたミラーリング機能が用意されていない、ということです。 
    20180130_190648

    背面の電子ペーパーで利用できるのは、あらかじめ対応されたYotaAppのみ(ほぼすべて中華アプリ)、Yotaphone2 とは互換性がありません。日本での環境で利用できるのはAmazonのKindleアプリくらいのものでした。

    これにより Yotaphone3 の評価はさんざんなものとなっていますが、実はミラーリングして利用する方法があります。エンジニアリングモードに設定から本体を切り替えたうえで、電話アプリを立ち上げ、*#*#9738#*#*にダイヤルすると、ミラーリングテスト画面を起動できます。ミラーリングスタートをタップすると、電子パネル側ですべての機能を利用できます。
    ただし、スリープすると元に戻ってしまいますので、そのときには再度起動しなおす必要があります。 
    20180131_071254

    もちろんミラーリングですから、Twitterも使えますし…
    20180131_071320

    YouTubeも観ることができます。
    20180131_072312

    とりあえずさくっと使ってみた感じとしてはOSとしてはやはりバージョンもあがり、コネクタもUSB Type Cになったことで便利になったと思います。ただ、イヤフォンジャックが廃止されたり、先に書いたように電子パネル側の機能に利用できるとはいえ通常では制約があることなど、残念さは否めません。
    欧州モデルで今後このあたりが改善されてくれるとうれしいのですが、今後のバージョンアップによる解放に期待したいところです。

    結局のところ実はGPD Pocketを買い直したというのに、またそれを手放してポメラDM200を購入してしまいました。厳密にいうとこちらも発売直後に購入しているので再度買い直したことになります。 
    20180127_223608

    なぜそんな風になったのかというと、GPD Pocketを買い直そうかと悩んでいたときにポメラも買い直し候補だったのですが、直接ブログに記事を書いたりするなどの操作が、小さくてもいちおうPCであるポメラのほうが便利に使えるかな、と思ったのです。が、やっぱりあのキーストロークがだめで…ミスタイプが増えてしまうというか、ポチポチとゆっくりめに押し込む感じがすごく苦手で手放したことを、使ってやっぱり思い出すという結果になってしまったわけです。 
    20180127_223258

    以前DM200を買って手放したときには、気に入っていなかったわけではないのですが持ち歩く荷物をどうしようか悩んでいたりして、そのときの構成からは外れたので、という感じでした。今はまたちょっとスタイルを変えているので、これでいいのかな?と思って買い直すことにしたわけです。

    最近はちょっと体調のこともあって持ち歩く荷物を減らしているのですが、スマートフォンだけでブログを更新しようとすると、やはり入力文字数というか書く、ということに関してのモチベーションが低下してしまって、なかなか更新しなかったり、短い文章になりがちだったのです。そこで、当初はBluetoothキーボードを使ってみようと思ったのですが、これもスマートフォン側でのIMEとの連携(Android用でなかなかよいと思えるものがなかった)で挫折、そこで小型で軽量のデバイスをと探したわけです。

    本来であればキーボードの搭載された小さくて軽いマシンがあれば最適だったのですが、2018年初頭、そういうマシンはごく限られたものしか存在しないという、残念な状況にあります。もう少しすればGemini PDAなどが登場する予定ではありますが、あれもAndroidでの英字キーボードによる日本語入力をIME側がどこまでサポートできるのか、にかかってくるのではないかと悩んでいました。そうなると先の2つくらいしかいまのところでは選択肢がなくて、そこで結果ポメラ DM200になったという次第なわけです。
    以前は設定したりしていなかったEvernoteとの連携機能も設定し、これでアップロードしてからスマートフォンアプリ上にコピペしつつ、写真などと組み合わせて更新できればと思っています。
    20180127_223354

    やっぱりエンターキーが大きく入力が快適だと書きやすいですね。
    20180127_223327

    様々な電子ペーパー端末を買って、その中でも閲覧だけでなくペン入力にも対応したものの中でいえば、わたしにとってはソニーの電子ペーパー端末がいちばんいまのところ使いやすいものだと思っていました。そう、これが届くまでは… reMarkable(https://remarkable.com)は、発売が噂されたままなかなか登場せず、すっかり忘れているうちにいつのまにか発売されていたので入手しました。
    20180116_085723
    パッケージもなかなかカッコイイです。
    20180116_085748
    本体と、付属のペンが入っています。
    20180116_085812
    その下には、microUSBケーブル、簡易説明書、そして、、、
    20180116_085851
    替え芯がこんなに入っています。ペンが付属する端末を様々購入してきましたが、ここまで替え芯が付いてきたものはなかったはず。かなり良心的です。
    20180116_090008
    さらに、ペンの上の部分にも秘密が!スライドさせると中に替え芯が収納されています。外出先でペン先に違和感を覚えても、替え芯を持ち歩いていないこともしばしばありそうなものですが、こうしてペンの中に格納されていれば、すぐに替えることができるというわけです!
    20180116_090032
    ペン先はこんな感じ。ワコムのデジタルペン技術feel対応となっています。つまり、Galaxy Noteシリーズと同じなので、電池や充電も必要ありません。
    20180116_092215
    ということでうちにあったSamsung STAEDTLER Noris digital ペンと組み合わせて使ってみると、なんら問題なく利用することができました。
    20180116_090059
    本体はいたってシンプルなデザイン、本体上部に電源ボタン、画面下にホームボタンと左右ボタンがあります。下部にはmicroUSBポートがあります。
    20180116_090040
    なお、電子ペーパー部分と本体のフレームには段差がないのが魅力的。ここがボコッとしているとほこりがたまったりして気になりますし、何かを描いているときにはじのほうが描きにくくなってしまうのですが、そういうことが一切ありません。
    20180116_091807
    早速ざっくりと描いてみました。ペンは2048段階の筆圧に対応し、ななめに寝かせて描いたりすることにも反応しますので、かなり面白い描き方が楽しめます。ペン、鉛筆、マーカーなどを選んで描けます。
    20180116_093339
    電子ペーパー端末の何かを描く画面にレイヤー機能があるのもうれしいところです。

    なお、PCやMacと連携できるだけでなく、スマホアプリもあり、データを連携して確認したりデータをスマホから転送したりすることもできます(PDF、EPUB)。ベースはLinuxなのだそうで、今後のアップデートでどこまで何に対応してくれるのかも楽しみです。

    何よりSONYのDPT-RP1やGVIDOなどを使ってきましたが、あのA4サイズがベースとなった大きさにより持ち歩きのしづらさと重量感で持ち歩きを挫折してしまったのです。ですがこのreMarkableはB5サイズ!重さも350gと手軽に持ち歩けるくらいにおさまっているのが最大の魅力なんです。

    実際に今日早速1日バッグにいれていてもなんら邪魔になりませんでした。
    持ち歩いて気軽にメモしたり何か書きなぐったり、いれておいた本を読んだりするには、このともかく持ち歩けること、がとても大切だと思うのです。

    ペンの操作感などは動画などまた別記事で紹介できればと思います。 

    このページのトップヘ