胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: デジタルガジェット

    Gemini PDAはとても快適に使えていて毎日持ち歩いているのですが、それまではこのところブログを書くにあたって、ポメラ DM200を愛用していました。それ自体にブラウジング機能などはありませんが、キーボードの快適さと書き溜めてから自動的にクラウドにアップするところまでの流れが気に入っていたのです。実際にブログにアップするときにはスマートフォンからクラウド上にあげた文章をコピーアンドペーストしていました。
    20180302_081325

    ただDM200の重量は約580gもありますので、気軽に持ち歩くということを前提とすると、ちょっと厳しい重量ではありました。そこで以前はGPD Pocketも使ってみていたのですが、あちらでも約480gもあります。Gemini PDAは実測値でストラップをつけて300gちょっとしかありません。ここまで軽いと本当に持ち歩きで苦にならないです。
    FullSizeRender

    Gemini PDAには縦書きエディターも入れてみることにしました。原稿用紙的なレイアウトで文章を書けるアプリケーション「原稿作文」です。これをインストールするとまるでDM200の縦書きモードで入力しているときのような感覚で文章を入力することができます。細かな設定もできるのでカスタマイズして使うことも可能です。
    20180302_080458
    これで持ち歩いて文章を書くという部分では、Gemini PDAでなんら困らなくなりました。サイト更新作業も写真はスマートフォンで撮影して写真だけまずはライブドアブログにアップしてしまい、記事に関しては下書きをするか直接書くかはさておきGemini PDA上で処理をして、そこに画像を呼び出して貼り付けて完了、という形です。
    これでかなり荷物の軽量化がはかれました。
    キーボードの快適さは無論サイズの大きなDM200のほうが、広げるスペースがあったり重量感に問題がなければ快適です。ですが、どこでもどんな状態でも気軽にキーボードが使えるという面において、Gemini PDAのほうが優っていると感じました。

    これからバッカー(出資者)になろうか悩んでいたり、かなり後半で出資した方にとっては、Gemini PDAのキーボードがどれくらい快適に入力できるのか気になるという部分もあるのではないでしょうか。
    20180302_071701 
    そこで実際に入力している感じを動画でアップしてみることにしました。
     
    テーブルにおいて置き打ちする場合にはかなり快適な速度で入力することができます。とはいえキーボードの配列や質感などへの慣れはちょっと必要かもしれません。それでもまあこれくらいの速度で入力は可能です。
     
    また手に持って親指入力する場合ですが、横幅がわりとあるので少し怖い感じがあります。ストラップをつけてそれを支柱にして持って使ったほうが安心感はアップします。
     

    広くゆったりしたカフェの場合なら良いのですが、狭いテーブルの場合、ちょっと作業をしたくてもタブレットを置いたりするのもギリギリの場合があります。でもメールの返信などをわりとちゃんと仕事などで書かなければならない場合など、スマートフォンだけではままならない場合でもGemini PDAは快適に使うことができます。

    ちょっとした膝打ちもそれなりにできますが、置き方がふわふわしていると、キーボードの押し込みの判定がちゃんとされなかったりするので、ちょっとした工夫や慣れで回避する必要はありそうです。

    とりあえず必要なアプリケーションをあれこれとインストールしました。メインには別のスマートフォンがあって、キーボード操作をしたい操作が中心となるのでインストールするアプリもそういうものを中心にインストールしました。
    20180228_120101

    下書きにいつも使っているEvernote、サイト更新用のlivedoorblogが中心で、あとはSNSアプリと若干の動画再生や音楽サービスアプリなどです。
    すぐに使うアプリについてはGeminiランチャーに登録することで、キーボードのロゴマークを押すとすぐにランチャーがせり上がり、そこからアプリケーションを起動できてとても便利です。
    20180228_125615

    20180228_125618
    さて問題は日本語入力アプリをどれにするかということ。ATOKも使っていないわけではないのですが、顔文字の種類などが便利なのでGoogle日本語入力にしました。メインのスマートフォンでは普段はSimejiを愛用しているのですが、キーボードとの相性がよろしくないのです。
    Google日本語入力での英日切り替えはShift+Ctrlキーで行なえます。
    20180228_125657

    20180228_125701
    なお、わたしは日本語キーボード版なのですが、夫のUSキーボード版も昨日到着しました。
    日本語環境はどこで何を選択するのかわかりにくかったようですが無事ちゃんと反映されました。
    様子をみているといまのところ全半角などのキーが使えない日本語キーボードモデルよりも使いやすそうに思いました。
    20180227_211847
    ところでGemini PDAのハードウェアキーボード、入力中ペコペコとちょっと音がします。電車内で使っていてちょっと気になりました。静かな場所ではそっと使わないと気にする人はいると思います。
    テーブルの置き打ちのほうが音は気になりにくい印象でしたが、持った状態での親指打ちをする場合には、あんまり勢いよく打たないようにしたほうがいいのかもしれません。

    同じようなキーボード搭載端末としてGPD Pocketはどうしても比較されてしまうのですが、わりと見た目よりも重量があるGPD Pocketよりは、Gemini PDAは本当に持ち歩きがしやすいです。
    とはいえ、あちらはPCこちらはPDAですから、まあそういう違いもコンセプト的にはあるかと思います。
    image
    個人的にGemini PDAは予備機も欲しいと思っています。何しろこのサイズでこの快適さでキーボードが使えるAndroid端末は他に現状ないからです。本当によかったと心から思えるスマートフォンだと思っています。

    設定もほどほど終わったので、Gemini PDA本体をカスタマイズすることにしました。
    ストラップをつけたかったのですが、本体外装を加工してつけたり隙間に挟み込むのは強度が不安でしたので、毎度のイヤフォンジャックストラップを使うことにしました。
    20180227_074944
    用意しておいた懐かしのPsionのネックストラップを。でも首からはさげないかな?
    20180227_075411
    ソニーエリクソンストラップにしてみました。

    そして外側もデコってみました。
    20180227_114551
    ケースも用意しておそろいに!
    20180227_114712
    実はこのケース、毎度のクッション封筒です(笑)
    20180227_114722
    という感じで持ち歩きはこれで行こうと思います。

    クラウドファンディング系の端末のうち、実際に発売までたどり着けるものは少ないものです。そうしたなかで昨年からクラムシェルタイプのQWERTYキーボード搭載スマートフォン Gemini PDA (出資者募集サイトへのリンク)というものが話題になりました。往年の名機であるPSIONのPDAによく似たサイズやデザインで注目を集め、出資者もかなり集まったのですが、ついに出荷が開始され、私のところにもやってきました!
    20180226_175117
    パッケージも素敵なデザインです。ちょっとアップルっぽいですよね、この多国籍言語な感じは。
    20180226_175243
    キーボードがデザインされた部分を開くと本体が登場します。
    20180226_175322
    本体は渋いメタリックな質感で、指のあとが少しだけ目立つ質感です。サイズとしては私のメインのスマートフォンである、Samsung Galaxy Note 8とほぼ同じで、重量に関してはかなりずっしりと重たく感じます。
    20180226_175539
    サイド部分に開発元であるPLANET COMPUYERSの表記が入っています。
    20180226_175521
    こちらは日本語キーボードモデルです。出荷前にキーボード配列を選択する必要がありますが、その際に日本語レイアウトだけでなく、USキーボードを選ぶことも可能です。
    20180226_175758
    キーボードのキートップがわりとぐらぐらしていて、少しなんというかずれたりしています。少しさわると戻りますが、キーの裏側に丸いポッチがあって、そこではめこまれているタイプなのだそうです。なので、周囲が少し浮いてしまうのかもしれません。
    20180226_175812
    メモリカードとSIMカードは、付属するカバーオープナーを使って外側のパネルを外して装着する必要があります。SIMスロットは1つ、メモリカードスロットも1つです。
    20180226_180137
    とりあえず開封までしてみました。放電していますのでここから充電してセッテイングなどしていきたいと思います。
    ざっと持ってみた感じとしては、やはりクラウドファンディング製品ですので、パッケージや本体の細かな部分であらけずりなところが見受けられます。でも、きちんと形になり出荷されていますし、まあこういうものだろうな?という印象でした。
    わたしがこの端末に興味を持ったのは、ともかく小さなキーボード端末が欲しかったことと、androidであること。そして、USB Type Cに対応していることがありました。これでもちまわりのマシン構成を安定させられるのか楽しみです。
    充電して環境の設定などをしたらまた続きをアップしたいと思います。

    このページのトップヘ