胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: デジタルガジェット

    そう、あれはすでに昨年のこと…ようやく国内で新しいSAMSUNGのスマートフォン「Galaxy Note 7」がキャリアから発売になりそうという話題でワクワクしていたのですが、端末の爆発騒動が勃発…そのまま発売中止となってしまいました。ずっとGalaxy Noteシリーズを愛用してきた私にとっては期待しまくりだったのです。そして今年になり、ようやくSペンを搭載した端末が発表されました、でもそれはタブレットだったのです。それはそれでよし!と思いましたが、これまでタブレットでもNoteという名称を使ってきたのに、今回はなんと統合してきたのです。あれ?大丈夫なのかしら…と思いつつ、やっぱり入手してしまいました。それがこのGalaxy Tab S3です。
    Amazonでオーダーしたのが金曜日、日本への発送に対応していたのですが月曜日には到着しました。
    iPad Pro 9.7のパッケージと並べてみましたがほぼ同じサイズでした。
    スペックとしてはGalaxy Tab S3もちょうど9.7インチ、パネルはSuper AMOLEDを採用しています。
    パッケージには、タブレット本体、Sペン、簡易マニュアル、替えのペン先、充電用ケーブル、ACアダプタが入っていました。
    替えのペン先はグレーが2本、ホワイトが3本入っています。毛抜きのような道具でペン先を挟んで取って交換します。あらかじめ付いているペン先をはホワイトでした。
    さて、Galaxy Tab S3は本当に並べるとほぼサイズがiPad Pro 9.7と同じです。デザイン的には光沢のある樹脂感が金属的なiPad Proとの違いといえます。また、カメラ位置も異なり、アップルマークが中央にどーんと入っているところでも違いはすぐわかります。
    そして、ほんの気持ち程度ですがiPad Proのほうが長いです。
    電源を入れていない状態でパネルを並べると、Galaxy Tab S3のほうが緑っぽさが強く、照り返しもあるように感じました。
    さて、ここら辺で電源を入れていきたいと思います。
    初期設定ですが、言語選択で日本語はきちんと選択できるようになっています。最近ではこのあたりは一時期と異なって助かります。
    電源を入れた状態での比較です。ホーム画面の構成が違うのであれですが、ぱっと見たときの明るさは、Galaxy Tab S3のほうが明るく感じました(両方とも輝度を最大にしています)。
    初期状態の最大輝度で並べてみたところですが、意外とiPad Proのほうが黄色くて驚いてしまいました。それ単体で見ているぶんにはまったく困らないですし、綺麗に感じていたのですが、ここまで違います。
    さて、もうひとつの違いといえばペン。そもそもiPad Pro用のペンは別売りでそれだけで1万円くらいしてしまいます。かたやGalaxy Tab S3にはSペンが同梱されてきます。
    ペン自体のサイズも写真のとおりかなりの違いがありますし、重さもSペンのほうが軽くて持ち歩きはしやすい印象でした。
    ちなみにペン先を並べるとこんな感じの違いがあります。ペン先の太さはiPad Pro用のほうが明らかに太いです。
    とりあえず解梱してすぐに設定をはじめた段階ですので、まだいろいろとよくわかっていない部分がありますが、これまでのGalaxy Tab Sシリーズの薄くて軽いタブレットで性能が良い、という部分にペン機能までを盛り込んできた、というのはすごいと思います。ただ、そのためにこれまでのより薄くて軽量である部分はやや犠牲になっているので、そこをどう考えるのか、というところは結局のところペンにどこまで魅力を感じるか、になってくるのかもしれません。

    さて、ペンに関しては機能が多すぎるのでもう少しじっくりとまとめたいと思います。
    まずは楽しみたいですしね。

    中華スマートフォン愛用者の中では超有名なXiaomi。最近では日本の技術者をひっさげて炊飯器や掃除機ロボットなども売り出していたりします。そのXiaomiの子会社でカメラ専門のXiaoyiから発売されているマイクロフォーサーズマウントのミラーレス一眼  Xiaoyi M1が届きました。こちらは標準レンズ(12-40m f3.5-5.6)のセットとなっています。カラーは購入したブラック以外にシルバーも発売されています。
    20170305_094144
    箱はわりとコンパクト、でもしっかりしています。会社ロゴである「YI」の文字がワンポイントに。
    20170305_094128
     箱をあけてみると本体とレンズがまずはお出迎え。
    20170305_094159
    付属品は、本体、レンズ、簡易マニュアルや説明書、充電のためのUSBポートタイプのACアダプタ、マイクロUSBケーブル、ストラップ、クロスとなっています。
    20170305_094251
    開封して本体のサイズがまさに愛用している、Panasonic  DMC-LX100とほぼ同じなのではと思いました。並べてみるとかなり近いです。 DMC-LX100はマイクロフォーサーズサイズの撮像素子を搭載したレンズ一体型のコンパクトデジタルカメラで、すでに終売されていますがとてもよいカメラです。
    20170305_094404
     軍幹部を比較するとボタンの数や曲面の違いがちょっとありますが、サイズ的にはほぼ近いことがよくわかります。これはDMC-LX100のほうがファインダーを搭載しているため、その部分のフォルムが四角く感じるせいもあるようです。ダイヤル位置やホットシューの位置がとてもよく似ています。
    20170305_094420
     さて、Xiaoyi M1のセンサーはソニー製のIMX269を採用しています。これはPanasonic  GX8、オリンパス PEN-Fにも採用されているセンサーで、2015年当時にとても高い評価を得たセンサーです。それをあえていま搭載するというのは価格を下げるためによい選択なのではないでしょうか。
    20170305_094440
    レンズをつけてLX100とM1を並べてみました。さすがに大きくなりますが、それでもなかなかにコンパクトです。また、質感としてはあまり安っぽさを感じません。
    20170305_094503
    なお、背面はおもにタッチパネルによる操作が中心のため、液晶が大きめです。スマートフォンをメインで開発して伸びてきたXiaomiならではといえます。 スマートフォンで写真を撮ることが先だった世代にとっては、こういうほうが違和感がないのではと思わせます。
    20170305_094525
    本体のロゴマークは赤くてまるでLeicaのようではありますが、あちらは丸いのでまあご愛嬌ということで。
    20170305_094640
    レンズに関してはみた目なかなか良さそうです。実際の描写などについてはまだ使ってみないとなんともですので、後日作例などをアップします。その際に、背面の操作性などについても書きたいと思います。設定などをしたうえではなかなかよい感じでした。
    20170305_094647
     さて、マイクロフォーサーズを採用しているXiaomi yi M1(Xiaoyi M1)ですが、これにより国内で発売されている様々なレンズが利用できるのもうれしいところ。これまでサムスンのデジカメなども使いましたが、レンズのマウントアダプタを利用しないと互換性がないのでちょっと大変でした。これなら気軽に活用できそうなので楽しみです。まずは充電です。

    今日は仕事に行くにあたってChromebook Plusを実際に持ち出してみました。朝の6時に自宅を出て、ブログの記事を書いている午後18時の段階で、バッテリー残量は89%あります。そのあいだ、ネットブラウズ、Twitter、FB、ペンによるお絵かきなどに使いました。

    持ち歩きに関しては、やはり重量が1kgをやや超えること、サイズが真四角て面積自体は大きめであることから、そんなに持ち歩きやすいとはいえないと思います。A4サイズの書類が入るトートバックやリュックタイプのバッグでないと持ち歩きにくいと思います。
    image


    キーボードに関してはもうすっかり慣れました。
    本体サイズがそれなりにあること、いまどきの薄いタイプのキーではないので入力がとてもしやすいです。かなり慣れが必要であったLenovo YOGA BOOKや、Surfaceシリーズ用のキーボード、iPad Pro用の純正キーボードカバー、MacBook 12インチモデルのような操作性とは異なり、きちんと押した感のあるタイプですので、たいていの方であれば少し使えば問題なくなるかと思います。

    ディスプレイは、美しくとても見やすいように思います。
    画面の比率が3:2となっており、16:9の端末の画面と比較すると、雑誌や電子書籍などを表示したとき、また、写真を開いて観るときにもこの解像度のほうが見やすいです。
    image

    Windowを横に並べて比較しながら操作したい人にとっては狭く感じるかもしれませんが、縦の長さは長いので、ひとつの画面の中におさまる情報量についてはより多くなるように感じました。

    ペン操作に関しては、付属する純正のメモアプリ以外に、あらかじめプリインストールされているArtCanvasというアプリがとても使いやすいです。レイヤーも扱え、ペンなどを切り替えてそれなりにお絵かきができ、筆圧も感知できます。
    また、わりと様々な端末に対応していて使いやすいメディバンペイントでも、設定にて筆圧検知をオンにすることで、筆圧対応していることもわかりました。私はいまのところこのアプリが一番使いやすいのでまったくこれで問題がなくなりました。
    image

    ペンに関しては少し押し込むとぴょんと飛び出す設計になっており、そのときに自動的にペン用のアプリが起動します。そこから、メモを取る、画面を切り出す、などの操作を選んで行うことができます。

    いまのところAndroidアプリが利用でき、開けばすぐ動作するとても快適なマシンとして利用しています。スリープからの復帰に関しては、Androidタブレットよりもある意味素早いです。開けばすぐ自動的にネットワークにつながり作業を開始できます。

    これまでのChromebookの場合、どうしてもできることがある程度限られていたので、そのなかで使うとなると結局NotePCのほうがいいのかなと思ってきました。無理やりAndroidアプリを使う手法もありましたが、それらがきちんとサポートした形で快適に利用できるというのは、やはりとても助かります。
    いまもTwitterアプリを立ち上げつつ、ブログ投稿アプリで記事を書き、Googe Musicで音楽を流しながら作業をしています。

    発表されたときにペンが内蔵されていてSamsung製っていうだけでわくわくしてしまったChromebook「Samsung Chromebook Plus」が届きました。米Amazonでは一時品切れになるほどの人気でした。
    image


    シンプルなシルバーカラーの筐体はこれまでのSamsung製のChromebookのデザイン製の高さを踏襲しています。無駄がなくすっきりしています。背面も比較的スッキリしている方だと思います。
    image


    アスペクト比が3:2のため、やや真四角な印象をうけますが、この解像度のほうが電子書籍などの閲覧には良さそうなのではと期待しています。
    image


    キーボードは最近の薄くて押した感じのないタイプではなく、きちんと押した感のあるタイプのものとなっています。ただ、ややキーサイズが小さく感じるので若干の慣れは必要かもしれません。また、エンターキーも小さめ。それでも違和感なくいまこの文章も普通に開封後1時間でほぼ違和感なく入力できています。
    image


    本体の右サイドにはペンが内蔵されています。このペンはスマートフォンGalaxy Noteシリーズのそれとほぼ同じなのではと思います。四角く平たいのでGalaxy Note 5以降のものと似ているような気がします。ペンとして互換性があるのかなどは追って試してみたいです。
    image


    image


    image


    このChromebook PlusははじめからGoogle Playストアが入っており、Androidアプリ(一部)に対応しています。残念なのはSamsungのGalaxy Noteアプリにはいまのところ対応していないこと。せめてこれに対応してデータベースが共有できるようになると便利なのですが、今後のアップデートに期待したいです。
    使えないアプリもたくさんありますが、使いたかったradikoやdマガジン、ライブドアブログアプリなどには対応していること、Twitter公式アプリにも対応しているのでいまのところ大満足といったところです。

    様々なイヤフォンを、夫婦揃ってあれこれ試しては変えている我が家。わたしは今の愛用はAppleのAirpodsですが、なんだか変わったものが発売される、という記事を見て興味を持ち、取り置いてもらって今日買ってきました。それが、耳を塞がない、耳にイヤーカフとして挟み込む、まったくあたらしいイヤフォン ambie sound earcuffs でした。(https://ambie.co.jp)
    image


    わたしが買ったのはオレンジ。ジムで使うことも考えて、先日買ったシューズの色に合わせてみました。実店舗で取り扱いがある場所は限られますが、新宿伊勢丹にあるチャーリーバイスで購入してきました。蔦屋家電、ロンハーマンでの取り扱いもあるようです。
    image


    普通のイヤフォンとは異なり、まるっこいフォルムにびっくりします。この部分で耳を挟み込むようにして、耳の穴にはイヤフォン部分が入らない形状となっているのが特徴です。
    image


    つまりは耳穴から浮いていますので、イヤフォンで音楽を聴く感覚で音を鳴らそうとすると、完全に周囲に音漏れしますので、注意が必要です。

    実際に再生してみると、いちばん部屋にいる人が気にならない程度のボリュームで再生してみると、カフェの店内で音楽が流れている、くらいの感覚です。ただ、それは自分にしか聴こえない…そんな感じ。

    いくつか試したところ、ラジオ、ポッドキャスト、語学を流し聴きしたい人には最適な感じがしました。
    それらを聴きながらでも、室内の音はまったくしっかり聴こえます。

    たとえば夫婦で聴きたいラジオが同じとは限らない場合、これなら違和感なくお互い聴きながら、会話することも、まったく問題ない、そんな感覚です。

    また、あまり没入するほどしっかり聴いてしまうと、なにかの作業をしながら聴きたい程度だったはずなのに、つい聴いている内容のほうに意識をもっていかれてしまいますが、それがないように感じました。

    これはとても面白い感覚で、ほかのイヤフォンとはまったく違う使い心地なので、できれば実際に試してもらいたくなります。また、耳の形状(スポーツなどの影響で圧迫変形しているなど)によっては、装着が難しい人もいると思います。

    わたしはとりあえずなにかをするとき用、にはこれはなかなか良いと思いました。

    このページのトップヘ