胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: デジタルガジェット

    中国に向けて発送したRoyole FlexPai。
    販売店側とRoyole側がそれぞれぐだぐだ言い始め、どうなることかと思っていましたが、どうやら交換になる模様です。

    Royole側からすれば、この程度ならパネルの表面だけ変えればいいの?とのことだったようですが、どう考えてもヒンジのパーツもおかしいし、焼き付きもひどいし。
    そのあたりを元の持ち主さんが様々突っ込んでくださり、交換になった模様です。

    あとはRoyoleから直なのか、また販売店を通すのかわかりませんが、修理費用などの請求がどうなるのか、いつ発送になるのかといった感じです。

    早く戻ってきますように。

    さて、ひとしきりLG V50を触ってみて様々なことがわかってきましたのでまとめてみたいと思います。


    <出来ること>

    ・別々のアプリを起動して利用する

    デュアルスクリーンケースを利用し、それぞれ別のアプリを起動して利用することが出来ます。これに関しては、両方のアプリケーションをアクティブにして利用できる機能も設定で用意されており、他の2画面端末と違って両方とも動く状態のまま利用できます。ただ、非対応アプリ(Netflixなど)は停止してしまいます。

    ポケモンGOとハリーポッター魔法同盟、TwitterとYouTubeなどのアプリが同時に動く状態での利用は可能です。

    20190709_071134
    このようにゲームを同時にプレイしたり…

    20190709_071542
    動画を再生しながら漫画を読んだりすることができます。


    ・キーボードを片方の画面に表示してキーボード付き端末のように使う(ただし、LGキーボードアプリのみ対応)

    Twitterやエディタアプリなどを起動し、横向きにした状態で横向きにし、下にくる画面上でキーボードを開いてまるでキーボード付き端末のように利用することが出来ます。これに対応しているのは、あらかじめインストールされているLGキーボードアプリのみとなります。日本語対応していますのでそれなりに利用できます。

    両手で持って親指入力をするイメージで使います。というのも、二画面を開いた状態で画面に角度をつけて本体を置くことができないので、置いた状態では使えないのです。ここはちょっと残念です。

    20190709_072142


    ・カメラで撮影した画像を瞬時に表示して確認や編集が出来る

    カメラを起動し、撮影した画像をすぐにプレビューすることができます。連写していけばそのたびにもうひとつの画面上に撮影した画像が表示でき、すぐに編集したりシェアすることができます。

    20190709_103847


    ・ゲームコントローラーを表示して利用出来る

    ゲームコントローラーを片方の画面に表示できる機能が用意されています。「ゲームランチャー」アプリを起動し、そこからコントローラーを起動します。コントローラーはいくつか用意されていて、なかには車ゲーム用に適したものまであります。なお、ゲームで利用できるだけでなく、あまり使うことはないかもしれませんが、他のアプリからでも画面の移動など利用することは可能です。

    20190709_104301
    こんなふうに表示されるコントローラーから好みのものを選択します。

    20190709_104141
    ゲームばかりでなく、Twitterを読むときに上下移動や選択などに利用することも可能です。


    ・横向きに開いて置き使うことができる

    デュアルケースをつけた状態で横向きにして少し開いた状態でおけば、机の上に置いて快適に利用できます。この際、デュアル画面も利用はできますが、回転の向きが逆になってしまうので同時利用は少々厳しいようです。なにか制御できないかもう少しこちらはテストしてみます。

    20190710_124421


    ・デュアルスクリーン上のアプリどうしてコピーアンドペーストが出来る

    たとえばエディタアプリで文章を作成し、片方のアプリに内容をコピーして貼り付ける、などの動作を行うことができます。

    これはわりと実用度が高いのではないでしょうか。

    20190710_130525


    <出来ないこと>

    ・開いた状態を大きなひとつの画面として利用することができない

    開いた状態をつながったひとつの大きな画面として利用することができません。なので、雑誌やコミックなどを見開きで利用するといった使い方が出来ません。また、簡易的にタブレットのように使うなども不可能となっています。


    出来ないことではありませんがデメリットとしては、ケースを常につけておくとやや重たいといったところがあります。とはいえ、現状別売りのケースによって二画面に対応しているスマートフォンの前身である、ROGphoneよりはかなりましかな、というところでしょうか。あちらは縦に持って使うことをあまり想定していないので、スマートフォンアプリが使いにくい部分も否めないからです。


    とはいえ2画面をここまでパワフルに活用でき、重さもそこまでではなく、まだ国内では開始されていないとはいえ5Gにも対応しているという、ものすごいスマートフォンに仕上がっているなと思います。正直、ちょっと前までのLGのスマートフォンは、多少なりともSamsungのものと比べるとがっかり感の強い機種が多かったので、ここまで完成度が高いとは思ってもいませんでした。これなら過去にもLG端末を発売しているauあたりからハイエンドモデルとして発売されても良いのではないかとすら思えてしまいます。

    ただ、デュアルスクリーンケースはあくまでもオプションとなっており(海外の1部キャリアではおまけでついてる場合もある)、そのあたりがもったいないようにも感じられます。やはりこのデュアルスクリーンがないと意味がないともいえるように思うからです。


    次回はカメラの性能などもテストしていきたいと思います。

    到着して使ってみていたRoyole FlexPai ですが、そもそも中古で入手したものでして、もとの持ち主の方のところでかなり問題が生じていました。

    パネルへの焼きつき、折り曲げのヒンジ部分をカバーするゴム製のパーツのはがれ、そしてでこぼことしたパネル表面など。とりあえず使えなくはないのですが、とりあえず修理対応はしてもらえそうだという話でしたので、それであればはやいほうがよかろうと、中国まで返送しています。

    もとの持ち主さまが販売店とメーカーに連絡、わたしから販売店に送付し、そこからメーカーに送ってもらう形ということになっています。

    とりあえずEMSで郵便局から発送し、すでに中国国内の販売店には到着しています。しかし、そこから販売店のスタッフの言い分や、メーカー側の対応でまだちょっとあれこれしています。どうなることやら…不安だらけですが無事にかえってくることを祈っています。
    それまではレビューはいったんお預けです。

    さて、ざっくりとこの春から梅雨の時期までに入手して手放したものたちについてひとことコメントしていきたいと思います。
    20190424_223741
    まずはこちら、PALMPhone。海外ではすでに発売されていたものが突然日本の代理店経由で出ることになったのでつい買ってしまいました。デザインはとてもかわいく、そして小さい。
    20190424_224000
    ただ正直スマートフォンとしての性能は小型のなかでは良い、というレベルに収まってしまっているのが残念でした。たとえばこれでカメラがとても良いとかなにかあればすごく魅力的な端末だったろうにと思うのですが。とはいえこの手のちいさいスマートフォンのなかではようやく実用的と思われる使い心地でした。

    続いて入手したのはNubia αという腕時計型のスマートフォンでした。
    R0000145
    R0000150
    腕にフィットさせるためにパネルがきちんと湾曲しているのです。そしてなかなかに美しい。
    これで通話などもできるということなのですが、残念ながらSIMスロットがない内蔵タイプでして使用を断念。中国国内でないと使いにくい端末でした。

    続いて買ったのがSONYのRX0Ⅱ。こちらは初代より画質の向上があるということで買ってみました。
    20190418_090233
    20190418_091358
    小さくて軽くてかわいいんですけれど、やっぱり画角として扱いにくく…

    そしてやってきたのがHuawe P30 Proでした。いまとなってはなにかと話題になってしまったHuaweiですがスマートフォンのカメラの画質に関しては他メーカーたちよりかなり進んでおり、正直今となってはほぼトップにあると言ってもいいメーカーです。
    20190511_095016
    20190511_182104
    ただ、今回のモデルはズーム性能がいちばんのウリとなってはいますが、そこまでのズームは手持ちでは使いにくいこと。また、そちらに重きをおいたためか画質という部分においては前モデルであるP20 Proでもいいのではないかと思われる雰囲気も散見されました。Mateシリーズのほうを期待したいところではありますが、米国の制裁の影響が今後のラインナップにどのように影響してしまうのか様子見といったところです。

    そしてリコーのTHETA Zに手を出してみました。サンプルの写真の画質に惹かれて手を出したのですが、こちらはやはり使うシーンが限られます。
    20190524_103013
    20190524_103201
    全天球で撮影したいと思えるシーンにどれくらい出会えるかにかかっているように思います。ただ、他のTHETAシリーズとは画質は段違いなので利用頻度次第かなとはおもいます。

    海外版のXperia1にも手を出しました。
    20190607_115618
    20190608_022302
    ミドルモデルであるXperia 10 Plusがそれなりに楽しく使えたこともあり、ハイエンドであるこちらはどんな感じかな?と入手。
    動画を楽しむにはとても良いし、縦長の画面で情報量をたくさん閲覧できるのは便利。
    苦手部分としては、カメラの動画性能はとてもよいのは理解できるものの、静止画の色合いがなぜか白っぽく、ごはんなどを美味しく撮りにくいことがありました。バッグのポケットに入れたりするとあたまが飛び出してしまうこともちょっとネックではありました。
    海外版だったこともあり、国内販売がわりとそうそうに出たので手放し国内版を買おうかと思ってやめて今に至ります。

    こちらは飲んだ勢いで買ってしまったドンキホーテの19800円PC。
    20190611_082155
    20190611_082458
    ニュースリリースは読んでいたのでどんなものか多分気になっていたのです。正直昔のモデルと比較するとしっかり最低限つかえるようになっていました。用途を限定すればサブマシンとしては悪くないのではないでしょうか。心配なのはWindowsアップデートがきちんと行えるのか、のように思います。

    そして小型PCとしてOneMis 2sのさくらピンクを量販店のキャンペーン適応で入手。
    20190612_132621
    小型端末はやはり何かほしくて手にしたものの、やはりWindowsだよなぁ…というジレンマに襲われて手放す結果となりました。
    20190612_140105
    本当に色とサイズとデザインはかわいいのでChromebookとかで出してくれないかなぁ。

    最後にASUS Zenfone6です。日本ではまもなく発表会が行われる、久々にASUSが本気を出して普及を狙ってきたモデルです。
    20190621_111203
    20190621_111444
    カメラを自由に動かし、フロントカメラにも使えます。また、角度をつけた状態での撮影ができるのでとても便利。画質に関しても一昔前のASUSのそれとはまったく異なり、とても良くなりました。正直手放さずとも良かったスマートフォンですが、ちょっと資金調達のためにドナドナしました。
    国内で発売されたらこれは注目を集めることは間違いないでしょう。Huaweiがいま日本国内では苦境のため、こちらに流れてくる方も増えるかと思います。

    さて、春先から入手して手放したものたちを一気に紹介してきました。
    こうしてふりかえるとあまり長く使いたいと用途が合致するものにあまり出会えていなかったようにもおもいます。まあ正直ほんとうに欲しいと思えるものになかなか手が出せなかったフラストレーションをぶつけていた結果のようにもおもいますね。
    まもなくあるものを入手しますが、それでようやく落ち着けそうなきがしますw


    最近はカメラもスペック競争になってきていてまたちょっとつまらないなぁ…と思っていたのですが、トイデジにはまったり、フィルムカメラも多数所持していた頃の感覚から、先日Kickstarterで出資を募り、出荷が開始されたカメラを入手してみました。そのカメラにはなぜか「YASHICA」の文字が…YASHICA digiFilm Camera Y35というカメラです。
    20181010_101922
    パッケージをあけると本体と別に4種類のカートリッジが見えます。その他、ケーブルとマニュアル程度といういたってシンプルな内容です。
    20181010_101939
     本体はヤシカの古いフィルムカメラ、ヤシカエレクトロにそっくりです。
    20181010_102051
    巻き上げのギミックが採用されていて、これを巻き上げないとシャッターが切れない仕様になっています。
    20181010_102056
    本体背面を開くとまるでフィルムを入れるような感じの場所が。ここに電池(単三乾電池)と、同梱されていたフィルム形のカートリッジをいれて使います。
    20181010_102142
    フィルムカートリッジはB&W、6x6、iso200、iso1600という感じでわかれていて、つまりその設定で撮影するにはこのカートリッジをいれて撮影する必要がある、という設計になっています。
    20181010_102223
    カラフルでかわいいですし、撮影の途中でも入れ替えてもちろん撮影することは可能です。なお、データ保存はノーマルサイズのSDメモリカードへの保存となっていて、メモリカードから取り出して確認するまでは撮影された画像がわからない形になっています。
    Y35_0003
    とりあえずB&Wのカートリッジをいれて撮影してみました。日中屋外での撮影です。
    Y35_0004
    なかなかどうして雰囲気のあるよい写真になりました。
    20181010_122308
    ちょっと懐かしいフォルム、いちいちフィルム形のカートリッジを入れ替えないと撮影モードが変えられない仕様、SDメモリカード上から取り出さないと確認できない撮影画像、巻き上げないとシャッターが切れないつくりなどなど、トイデジファンであればなかなかにグッとくる仕上がりとなっています。

    本体の質感の樹脂っぽさは否めませんが、むしろこの大きさで金属などを使ってしまうと本当に重たいのでそれよりは軽くなるし、かわいいのでいいかな?と思いました。シャッターを切るのに、ちょっとしっかりめに押さないと認識されにくい部分だけが慣れが必要ですし、手ぶれ補正なんかもありませんから、そのあたりを意識して撮影すると楽しめそうです。

    久々にこれはこれで楽しめそうなカメラに出会えました。 

    このページのトップヘ