胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: デジタルガジェット

    というわけで、Pixel Cが帰ってきてしまいました、手放してはまた買い、これで三度目…
    image


    Windowsにしてしまうと電子書籍コンテンツの使いにくさでやっぱりAndroidのほうが使いやすいかなぁとなり、そこにiPad Pro 9.7が登場したりなどなど、迷走しまくっていますが、ちょっとだけ使ったiPad Pro 9.7に関しては、とてもよい機種ではあるのですが、なんていうかあのキーボードの質感がだめでした。で、ペンをどこまで使うのか、ということになりますが、ペンを使いこなすことにあこがれつつも絵心のなさでいつも悩むという次第…

    そんなときにiPad Pro 9.7のためにPixel Cを手放すという方がいたので、そこからこっちに来てしまいました。
    セッティングに関してはもう前のまんまで、とくに困ることもありません。Android用のTwitter純正アプリのキーボード非対応度合いのひどさだけがネックではありますが、それ以外においてはPixel Cのキーボードはとても打ち心地が気に入っているのです。

    日本ではいまだに発売されないうちに、世界のデベロッパーに対してのディスカウント販売が開始されるなど、販売に関してもどうしたいのかよくわからないPixelシリーズですが、このまま販売は行われないのかもしれませんねぇ…

    昨夜、DxO Oneのアプリケーションとファームウェアが、アップデートされました。まずは、アプリ側ですがなんと日本語が、正式サポートされました!
    これまでは英語だったのですが、普通に日本語表示になって、よりわかりやすくなりました。

    あと、撮影時に画面からDxO One本体のバッテリー残量がわかるようになったりもしています。

    DxO One本体もファームウェアがあがり、画像についても細かな調整が、そして、DxO One単体での撮影がしやすいように、背面のパネルで、おおよその構図を表示できる機能が追加されました。
    モノクロでザラザラでも、およその位置はわかりますので、これまでの感で構図を決めるよりはわかりやすくなりました。

    また、本国価格も$499に値下げされましたので、日本向けの発売時にはいくらになるのか、楽しみにしたいところです。

    このページのトップヘ