胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: デジタルガジェット

    CASIOがコンパクトデジタルカメラから撤退をするという発表がなされました。実質コンパクトデジタルカメラしか出していない同社のコンシューマ向けのデジタルカメラはこれで終了となります。「QV-10」という現在のコンデジが普及するための先駆けとなったカメラや、小型カードサイズで当時市場を驚かせた「EXLIM」など、様々なカメラを発売してきたメーカーの撤退は、とても残念なものがあります。

    このCASIO、実はもう少しはやくデジタルカメラ市場から撤退していてもおかしくない状況にあったように思います。スマートフォンのカメラ機能の向上により、コンデジを持ち歩く人が激減したなかで、それでもなぜここまで続けてこられたのか、というと、おとなり中国市場を中心とするアジア諸国での自撮り神機と言われる様々な日本市場では発売されていないコンパクトデジタルカメラの成功のおかげでした。

    そのなかでも昨年発売され、そのスタイルからとても興味があったのが今回入手したコンパクト型の自撮り専用コンパクトデジタルカメラ「TR-M11」です。(https://www.casio-intl.com/asia/en/dc/products/tr_m11/
    20180514_120424
    日本ではもちろん市販されていませんが、ともかくビューティー機能などに特化しているこのカメラ、あちらではかなり大好評だったのです。
    20180514_120433
    今回入手できたのはホワイト、個人的にはこのトップに「TR」の文字は無骨だったんじゃないかなと思うわけです。もう少しこういうデザインは人をいれて開発してもよかったのかもしれません。
    20180514_120545
    このようにかぱっと開くと上蓋部分にカメラが内蔵されていて、下側が液晶パネルとなっています。なお、カメラの周囲はキラキラ、そしてその周囲には8つのLEDが埋め込まれた撮影用リングライトが内蔵されていて、自撮りをするときに光って目にハイライトが入ったり、 顔を明るくしたりシャドーを強調したりすることができます。光らせ方のモード設定まであるのが細かいです。

    なにはともあれデザインがかわいい!
    それだけで欲しくなってしまうアイテムだと思っていました。こういうのはなぜか日本では発売されないのですが、日本で発売すると値崩れしてしまいやすいからかもしれませんね。

    いろいろと撮影はしてみていますがいかんせん自撮りなのでどうしようかなという作例で悩むところです。

    CASIOの最後にこういう変わったカメラを入手できて何よりでした。 

    以前、耳を塞がないイヤフォンとして発売された ambie sound earcuffs を買ってみました。音の伝わり方としてわざと空間をもたせることで、まるでスピーカーからきこえる音のような感覚でイヤフォンからの音を楽しめるという製品でした。
    http://ibukuro.techblog.jp/archives/69279600.html 

    今回その後継機として、Bluetooth接続で使えるwireless版である ambie wireless earcuffs が発売になったので、早速購入してしまいました。(https://ambie.co.jp)
    20180406_205459
    パッケージはこんな感じ。私が選んだカラーはCactus Green、なんだかそら豆みたいな色でかわいい感じがしたのです。このほかにMy Heart White、Asphalt Black、Stamp Orange、Toypu Brown、Pop Skyがあり、あわせて6色となっています。
     20180406_205443
    本体はBluetooth対応となったため、このような感じで首にかけて使うタイプとなりました。充電にはmicroUSBで行います。耳への装着などは以前のambieと同じカフス式です。
    20180406_202542
    ボリューム調整ボタン、電源ボタンなどはこのように内側に搭載されています。ペアリングに関してはNFC対応していますので対応スマートフォンであれば重ねるだけで簡単にペアリングできます。
    20180406_202555
    ということで装着感はかわらずにそのままといった感じです。
    実際に使ってみるとこれがすこぶる便利!なんといっても家事との相性がGOODです。wirelessになったことでスマートフォンからはなれた場所でも再生できるので、洗濯物をたたみながらでも、料理をしながらでも使えます。また、室内に音を流しまくってもいいのですが、自分の耳元だけでやさしく響くので、周囲への音の響きが気になる場合も安心して使えます。完全に耳をふさがないので、宅配便が届いてもきこえます。何より音がやさしいのです。

    個人的には買って正解だったな、と思いました。ただ、音楽をがっつり聴きたい、音質にこだわりたいという人には向かない製品ですので、そこのところは判断してもらえればなと思います。 

    IndigogoのGemini PDAを見ると、いくつか本体にバージョンがあるのがわかると思います。通常は4G+WifiまたはWifiのどちらかですが、その下のほうにゴールドプレート版というのがあります。限定生産でこれはまあ開発元のプラネットコンピュータへの支援をふくめて多く出資する人のための記念モデルという意味合いがあり、数は30台と限定されていますが、個人的にこういう端末を世にだそうとがんばってくださっていることに出資したかったのでこのモデルに出資し、昨日ついに限定のゴールドプレート版が到着しました。
    20180326_183446
    このゴールド感を出すためにかなりプラネットコンピュータは苦戦したそうで、何度かダメ出しをしてようやくできたということでした。
    20180326_183631
    金属的な光沢感がすごいです。
    20180326_183949
    自作したゴールドのシートを自分で貼った左側と比べるとツヤ感がまったく違うのがわかります。
    20180326_183815
    あと、これは個体差で最近の出荷分だからなのかもしれませんが、キーボードの押し心地がいままで触った4台のなかで一番良いのです。しっかり押せますしガタガタ感を感じにくい。何か改善されていたとしたらうれしのですが。厳密にはセカンドロットではないのでCPUはファーストロットと同じです。ただ別に動作に問題があるわけでもないのでむしろCPUよりも筐体の完成度がきちんとあがってくれればそのほうがうれしいのです。
    20180326_200826
    個人的にはやはりこういう形状のいま本当にほかになくなってしまった端末を出してくださった、ということに対して心から感謝しています。ですので出資できてよかったですし、よりこれからの出荷に向けて初期出荷した人たちの様々な意見を反映しながら完成度をあげ、将来的には製品、としての通常販売を行ってもらえれば一番いいと思っています。

    予備にしようともう一台入手したGemini PDA。ところがそうしたら2週間使ってきた日本語キーボード版のほうのキーがおかしくなってしまいました。めり込んで戻らなくなるという、一部で報告のあった不具合が発生したのです。
    めり込んで戻らなくなったのが数字の8とエンターキー。8はそんなに頻繁に使うキーではないので不思議ですが、エンターについてはどうしても多用するのでそのせいかもしれないと思います。

    しかしキートップをはずしてみても何が原因かわからず、とりあえずほかの方も試しているスポンジをカットして挟む方法も試してみましたが、打鍵感が変わりすぎなのと劣化が怖いので、何か別の方法を試してみることにしました。

    そこで早速何か使えそうな素材がないかと物色、結果として、イヤフォンのイヤーピースをカットして使ってみたところ、とても良い感じになりました。
    20180311_230123
    写真のように輪切りにして厚みを調整したうえで、誘電ゴムパーツの丸い部分の周囲にかぶせています。おそらくはこの誘電ゴムパーツの反力が弱いか場所によって薄すぎるせいで弱まることで戻らなくなるのでは、という感じです。そこで反力を補うことでキーが戻るようにしたというわけです。

    とりあえず日本語版のキーの不具合はこれで安定はしましたが、USキーのあとで届いたほうが比較したときにキーが安定しているようでしたので、こちらに設定をしてメインにし、日本語版のほうを予備にすることにしました。
    そしてUS版もちょっとドレスアップしてみました。
    20180311_161901
    同じゴールドでもラメっぽいシートで加工してみました。
    20180310_192533
    普通にカフェで夫と2人で並べて使ってもテーブルの上で邪魔にならないのがGemini PDAの良さですね。それにしても2週間程度でキーが不調になってしまったので、今度の機種でも同じようになってくるのか心配です。個体差のようにも思いますがこれからのロットでも問題が再現するのかどうか注意していきたいと思います。

    本当に使い始めてもう毎日持ち歩いてなくてはならないくらいに気に入っているGemini PDAなのですが、次にこんな端末が出ることってどれくらいあるのだろう…と考えると、Androidでキーボード搭載機種の現在におけるこの悲惨な有様から不安になり、思わず予備機を入手してしまいました。おそらく使い方があわなかった方が手放すということで、今からの出資額+ちょっとくらいだったのでいいかなと。こちらはUSキーボード版でした。
    20180308_164103
    設定は問題なく行え、キーにも問題はありませんでした。

    ところでGemini PDAは特別版として限定カラーのゴールドとピンクゴールドというモデルが存在します(まだ出荷されていません)。それで自分でパネル部分にシートを貼ってゴールド化してみることにしました。パネルのエッヂ部分に丸みがあるのでちょっと難しいです。もう少しのびるタイプのシートのほうが貼り付けがしやすかったかもしれません。
    日本語キーボード版とUS版がわかりやすいように変えてデコレーションしてみました。
    20180308_163959
    ゴールドが日本語キーボード版、そのままで白でデザインしているほうがUS版です。
    これで我が家には夫のUSキーボード版をあわせて3台のGemini PDAがあることになりました!

    このページのトップヘ