胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    カテゴリ: カメラ

    RICOHのGRシリーズと言えば、28mm画角のAPSサイズの高級コンパクトデジカメとして一時期かなりのファンを掴んだカメラでした。が、後継機が噂はあるもののまだ発表、発売されないなか、富士フイルムからおなじく28mmの画角、そしてタッチパネル対応、同社のX-T100とおなじ撮像素子を採用したコンパクトデジカメ XF10 が発表されたのでした。そして今日購入してきました。
    https://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_xf10/
    20180822_154121
    やはりパッケージは価格が5万円台と、いわゆる高級コンパクトデジカメのなかでは抑えてきたこともあり、ふつうだな、という印象。
    20180822_154151
    購入したのはシャンパンゴールドです。グリップの革の感じがいいなと思ったので。
    20180822_154429
    シャンパンゴールドとはいえ、あっさりしたカラーでシルバーに近いです。付属するハンドストラップはカラーはグリップと統一されていましたが、革のタイプが違うので揃えて欲しかったですね。

    メモリカードはマイクロではなくノーマルのSDサイズです。最近はマイクロしか使えないカメラもありますからそのあたりは嬉しいです。
    20180822_160139

    レンズカバーがいわゆるかぶせ式なので、いちいち撮影するときに外さないといけないのが面倒です。サードパーティから自動開閉カバーが出ると良いのですが。
    20180822_160310
    付属してきた充電ケーブルはマイクロUSBタイプのケーブルを使うものでした。

    さて、とりあえず開けてみた印象はデザインかスッキリして綺麗だな、ということ。GRのサイズ感ともかなり近いので違和感なく持ち歩いて撮影できそうです。

    スクエアフォーマット対応などとても嬉しいですが、ストラップが縦吊りもできたら嬉しかったなと思いました。

    早速撮影などしていきたいと思います。

    CASIOがコンパクトデジタルカメラから撤退をするという発表がなされました。実質コンパクトデジタルカメラしか出していない同社のコンシューマ向けのデジタルカメラはこれで終了となります。「QV-10」という現在のコンデジが普及するための先駆けとなったカメラや、小型カードサイズで当時市場を驚かせた「EXLIM」など、様々なカメラを発売してきたメーカーの撤退は、とても残念なものがあります。

    このCASIO、実はもう少しはやくデジタルカメラ市場から撤退していてもおかしくない状況にあったように思います。スマートフォンのカメラ機能の向上により、コンデジを持ち歩く人が激減したなかで、それでもなぜここまで続けてこられたのか、というと、おとなり中国市場を中心とするアジア諸国での自撮り神機と言われる様々な日本市場では発売されていないコンパクトデジタルカメラの成功のおかげでした。

    そのなかでも昨年発売され、そのスタイルからとても興味があったのが今回入手したコンパクト型の自撮り専用コンパクトデジタルカメラ「TR-M11」です。(https://www.casio-intl.com/asia/en/dc/products/tr_m11/
    20180514_120424
    日本ではもちろん市販されていませんが、ともかくビューティー機能などに特化しているこのカメラ、あちらではかなり大好評だったのです。
    20180514_120433
    今回入手できたのはホワイト、個人的にはこのトップに「TR」の文字は無骨だったんじゃないかなと思うわけです。もう少しこういうデザインは人をいれて開発してもよかったのかもしれません。
    20180514_120545
    このようにかぱっと開くと上蓋部分にカメラが内蔵されていて、下側が液晶パネルとなっています。なお、カメラの周囲はキラキラ、そしてその周囲には8つのLEDが埋め込まれた撮影用リングライトが内蔵されていて、自撮りをするときに光って目にハイライトが入ったり、 顔を明るくしたりシャドーを強調したりすることができます。光らせ方のモード設定まであるのが細かいです。

    なにはともあれデザインがかわいい!
    それだけで欲しくなってしまうアイテムだと思っていました。こういうのはなぜか日本では発売されないのですが、日本で発売すると値崩れしてしまいやすいからかもしれませんね。

    いろいろと撮影はしてみていますがいかんせん自撮りなのでどうしようかなという作例で悩むところです。

    CASIOの最後にこういう変わったカメラを入手できて何よりでした。 

    iPhone用に2年前に登場した小型1インチセンサー搭載のカメラ DxO One ですが、その後ファームウェアアップデートとともにAndroid対応のUSB Type Cコネクタ搭載版が発表され、アーリーオーダーの米国在住者にだけすでに発売が一部開始されました。まだ公式ストアでも一般販売されていないレベルで数が少ないこのモデルを入手することができました!
    20180305_121330
    以前iPhone用のものは使っていてとても描写なども気に入っていたのですが、メインのスマートフォンが今ではすっかりAndroidなので手放してしまったのです。でもUSB Type Cならば欲しいなとずっと思っていたのでとても嬉しいのでした
    20180305_121348
    そしてやっぱりこれならGemini PDAにカメラを付けることができる!ということも嬉しさアップに。公式のカメラモジュールはのちに出荷が開始される予定ではありますが、5Mのカメラでスペック的に微妙なのではと噂されています。かたやDxO Oneは20.2Mでセンサーサイズも1インチ、最大絞りサイズはf1.8という素晴らしいスペックです。とてもコンパクトですしいつでもUSB充電すれば気軽に使えますし、必要ないときにははずしてしまえる良さもあります。
    20180305_121607
    ちょっとCASIOのいにしえのデジタルカメラQV-10のような感じになりますが、カメラ部分を回転させて使えるのでとても便利です。
    DXO_20180305_121624_926_2828
    こちらが実際に撮影した写真(JPEGモード)ですが、本当にいい画質で写真が撮影できるので活用が楽しみです。
    Gemini PDAにはUSB Type Cコネクタが左右両方に搭載されているのですが、どちらでも動作するのも
    うれしいです。

    中華スマートフォン愛用者の中では超有名なXiaomi。最近では日本の技術者をひっさげて炊飯器や掃除機ロボットなども売り出していたりします。そのXiaomiの子会社でカメラ専門のXiaoyiから発売されているマイクロフォーサーズマウントのミラーレス一眼  Xiaoyi M1が届きました。こちらは標準レンズ(12-40m f3.5-5.6)のセットとなっています。カラーは購入したブラック以外にシルバーも発売されています。
    20170305_094144
    箱はわりとコンパクト、でもしっかりしています。会社ロゴである「YI」の文字がワンポイントに。
    20170305_094128
     箱をあけてみると本体とレンズがまずはお出迎え。
    20170305_094159
    付属品は、本体、レンズ、簡易マニュアルや説明書、充電のためのUSBポートタイプのACアダプタ、マイクロUSBケーブル、ストラップ、クロスとなっています。
    20170305_094251
    開封して本体のサイズがまさに愛用している、Panasonic  DMC-LX100とほぼ同じなのではと思いました。並べてみるとかなり近いです。 DMC-LX100はマイクロフォーサーズサイズの撮像素子を搭載したレンズ一体型のコンパクトデジタルカメラで、すでに終売されていますがとてもよいカメラです。
    20170305_094404
     軍幹部を比較するとボタンの数や曲面の違いがちょっとありますが、サイズ的にはほぼ近いことがよくわかります。これはDMC-LX100のほうがファインダーを搭載しているため、その部分のフォルムが四角く感じるせいもあるようです。ダイヤル位置やホットシューの位置がとてもよく似ています。
    20170305_094420
     さて、Xiaoyi M1のセンサーはソニー製のIMX269を採用しています。これはPanasonic  GX8、オリンパス PEN-Fにも採用されているセンサーで、2015年当時にとても高い評価を得たセンサーです。それをあえていま搭載するというのは価格を下げるためによい選択なのではないでしょうか。
    20170305_094440
    レンズをつけてLX100とM1を並べてみました。さすがに大きくなりますが、それでもなかなかにコンパクトです。また、質感としてはあまり安っぽさを感じません。
    20170305_094503
    なお、背面はおもにタッチパネルによる操作が中心のため、液晶が大きめです。スマートフォンをメインで開発して伸びてきたXiaomiならではといえます。 スマートフォンで写真を撮ることが先だった世代にとっては、こういうほうが違和感がないのではと思わせます。
    20170305_094525
    本体のロゴマークは赤くてまるでLeicaのようではありますが、あちらは丸いのでまあご愛嬌ということで。
    20170305_094640
    レンズに関してはみた目なかなか良さそうです。実際の描写などについてはまだ使ってみないとなんともですので、後日作例などをアップします。その際に、背面の操作性などについても書きたいと思います。設定などをしたうえではなかなかよい感じでした。
    20170305_094647
     さて、マイクロフォーサーズを採用しているXiaomi yi M1(Xiaoyi M1)ですが、これにより国内で発売されている様々なレンズが利用できるのもうれしいところ。これまでサムスンのデジカメなども使いましたが、レンズのマウントアダプタを利用しないと互換性がないのでちょっと大変でした。これなら気軽に活用できそうなので楽しみです。まずは充電です。

    自撮りブームは、もうブームではなく若い子中心に広がって当たり前の時代になりました。スマホも内側にある自撮りカメラの性能や、肌が綺麗に見えるモードなどなど、対応が強化されて久しいですよね?
    その先駆けともいえる2014年末頃は、コンパクトデジタルカメラでも自撮りブーム対応が増えてきていました。そのときにSONYが、日本では発売しなかった、デザインが素敵なコンパクトデジタルカメラがありました。

    image


    香水瓶のデザインからインスパイアされたと言われている、DSC-KW11です。

    当時Panasonicは1インチセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ、DMC-CM1を投入(のちに日本でもDMC-CM10が登場)。両方とも海外のみで発売開始され、値段が10万円近いという、ある意味真反対にすごくインパクトを感じるカメラでした。

    image


    パッケージには専用ケース、三脚ネジをつかうリングスタンドも付属していました。

    なにせデザインが楽しくてオシャレです。これ、値段はさておき、アリだったんではないかなぁ?と。日本で出る機種はなんで無難なデザインなんでしょうね。

    さて、撮影がどうなのか楽しみです。

    このページのトップヘ