予備にしようともう一台入手したGemini PDA。ところがそうしたら2週間使ってきた日本語キーボード版のほうのキーがおかしくなってしまいました。めり込んで戻らなくなるという、一部で報告のあった不具合が発生したのです。
めり込んで戻らなくなったのが数字の8とエンターキー。8はそんなに頻繁に使うキーではないので不思議ですが、エンターについてはどうしても多用するのでそのせいかもしれないと思います。

しかしキートップをはずしてみても何が原因かわからず、とりあえずほかの方も試しているスポンジをカットして挟む方法も試してみましたが、打鍵感が変わりすぎなのと劣化が怖いので、何か別の方法を試してみることにしました。

そこで早速何か使えそうな素材がないかと物色、結果として、イヤフォンのイヤーピースをカットして使ってみたところ、とても良い感じになりました。
20180311_230123
写真のように輪切りにして厚みを調整したうえで、誘電ゴムパーツの丸い部分の周囲にかぶせています。おそらくはこの誘電ゴムパーツの反力が弱いか場所によって薄すぎるせいで弱まることで戻らなくなるのでは、という感じです。そこで反力を補うことでキーが戻るようにしたというわけです。

とりあえず日本語版のキーの不具合はこれで安定はしましたが、USキーのあとで届いたほうが比較したときにキーが安定しているようでしたので、こちらに設定をしてメインにし、日本語版のほうを予備にすることにしました。
そしてUS版もちょっとドレスアップしてみました。
20180311_161901
同じゴールドでもラメっぽいシートで加工してみました。
20180310_192533
普通にカフェで夫と2人で並べて使ってもテーブルの上で邪魔にならないのがGemini PDAの良さですね。それにしても2週間程度でキーが不調になってしまったので、今度の機種でも同じようになってくるのか心配です。個体差のようにも思いますがこれからのロットでも問題が再現するのかどうか注意していきたいと思います。