Gemini PDAはとても快適に使えていて毎日持ち歩いているのですが、それまではこのところブログを書くにあたって、ポメラ DM200を愛用していました。それ自体にブラウジング機能などはありませんが、キーボードの快適さと書き溜めてから自動的にクラウドにアップするところまでの流れが気に入っていたのです。実際にブログにアップするときにはスマートフォンからクラウド上にあげた文章をコピーアンドペーストしていました。
20180302_081325

ただDM200の重量は約580gもありますので、気軽に持ち歩くということを前提とすると、ちょっと厳しい重量ではありました。そこで以前はGPD Pocketも使ってみていたのですが、あちらでも約480gもあります。Gemini PDAは実測値でストラップをつけて300gちょっとしかありません。ここまで軽いと本当に持ち歩きで苦にならないです。
FullSizeRender

Gemini PDAには縦書きエディターも入れてみることにしました。原稿用紙的なレイアウトで文章を書けるアプリケーション「原稿作文」です。これをインストールするとまるでDM200の縦書きモードで入力しているときのような感覚で文章を入力することができます。細かな設定もできるのでカスタマイズして使うことも可能です。
20180302_080458
これで持ち歩いて文章を書くという部分では、Gemini PDAでなんら困らなくなりました。サイト更新作業も写真はスマートフォンで撮影して写真だけまずはライブドアブログにアップしてしまい、記事に関しては下書きをするか直接書くかはさておきGemini PDA上で処理をして、そこに画像を呼び出して貼り付けて完了、という形です。
これでかなり荷物の軽量化がはかれました。
キーボードの快適さは無論サイズの大きなDM200のほうが、広げるスペースがあったり重量感に問題がなければ快適です。ですが、どこでもどんな状態でも気軽にキーボードが使えるという面において、Gemini PDAのほうが優っていると感じました。