アクションカメラサイズなのに背面液晶を搭載、動画は4K対応のマイクロフォーサーズカメラ Z-CAMERA Z-CAM E1を持ち歩いて少し撮影してきました。とりあえず持ち歩きやすいパンケーキレンズを、ということでPanasonic LUMIX 20mm f1.7 II ASPH.を購入。それと、持ち歩きをしやすいように、三脚穴を使うタイプのネックストラップを購入して装着してみました。
20170325_162500
なんだか正面から見るとレンズ本体だけにも見えますが、この手のレンズ装着カメラはこれまで円筒形のものが多かったので、それよりはカメラっぽさは感じます。
20170325_162417
手のひらサイズのマイクロフォーサーズカメラと思うと本当にかわいく感じます。
20170325_161145
 三脚穴にストラップをつけているので、こういう風に置くときには上下が反対になってしまいますが、そこはご愛嬌といったところでしょうか。グラスと比較すると大きさがよりわかると思います。
20170325_154238
首からさげていても重さがまったく気になりません。もちろんレンズ次第でどうとでもなります。
EYED7030
同じ場所でグラスだけをこの構成で撮影。
EYED7025
ちょっと一色おさえた感じに写るような感じもしますが設定項目があまりに細かいので、それでかなり調整ができそうな気がします。
EYED7028
JPEGでの撮影ですので、RAW撮影すればまた違ったものになると思います。
P3267040
このサイズでちゃんと液晶が搭載されているというのは、ちょっと撮りにはとても助かります。スマートフォンで細かく確認しながら撮影することもできますがいちいち連携するのが面倒なときもあるからです。
P3267041
メニュー画面のフォントも中国製のわりには見やすいほうなのではないでしょうか。また、黒背景なので視認性も良いです。
P3267039
こちらはCマウントレンズ25mm f0.95 TV Lensを装着したところです。様々なレンズ遊びができる首からさげて気軽に持ちあるける小さなカメラ、これはとても楽しいですし、様々な使い方の可能性を感じました。

もう少し曇天ではない日が来たらいろいろと撮影して歩いてみたいですが、とりあえず撮影した画像をflickrのフォトセットにアップしてありますのでご覧いただければと思います。
https://www.flickr.com/photos/eries/albums/72157679399213132