これまで私はMacBook Airを使ってきました。理由は軽くて快適だから。その間にもいろいろなノートPCやらタブレットはサブマシンとして多用してきましたが、メインは今でもMacBook Airのままです。一度そのメインをMacBookに置き換えようと買ってみたことがありましたが、結局のところ使い続けることなくAirに戻ってしまいました。

MacBookは薄く軽くRetinaディスプレイを採用し、バッテリーも長持ちです。とてもよいマシンだとは思います。が、個人的にあのキーボードがどうしても薄すぎて慣れないのです。キーボードの好みは本当に人によって千差万別なので、あくまでもこれは私にとってはということになると思います。あのぺたんとしたキーがどうしても好きになれず、古いままのMacBook Airを使っています。

そういったなかでXiaomiからノートPCが発売されるという話をきいたとき、とても興味を持ったのでした。これまでXiaomiのスマートフォンを買って使ってみた感じとして、その質感にわりと期待できていたということもあります。また、デザインが恐ろしいほどすっきりして見えたところにも期待しました。結果、いま手元にあるXiaomi Mi Notebook Airを使って大変満足している次第です。
image
その見た目だけではどこのPCなのかわからない人も多いんじゃないかというくらい。本当に美しいデザインです。背面も簡単なライセンスシールがありますが、すぐにはがせるようにしてありますので、それを取ってしまえばまったくといっていいほど、邪魔するものがないのです。
image
Appleのそれとの違いは、もはやAppleマークがあるかないかくらいにしか感じません。こういうデザインがなぜか日本のメーカーからはなかなか登場しないのです。企業ロゴ、ブランドロゴがどーんと表示され、いらないアプリが大量に入り、余計なシールがべたべたと貼られていたりします。
image
この見た目、この質感のマシンが5-6万円とはいまでも本当に思えません。

MacBookはもちろん質感などまた違う部分があることは理解できます。OSも異なります。ですが10万円を超えるお金を出して利用することが同じなのであれば、こういうデザインのマシンがこの値段であれば、こちらを選択するという人も出てくることでしょう。

ちなみにMacBook Airの新しいものに買い替える、ということも考えてみたのですが、むしろいまのAirがまだ使えなくなってしまった、ということでもないので、同じOSのマシンを2台置くよりは、Windowsマシンを置いておきたい、という風にも思いました。単純に「コスパ」という言葉を使いたくはないのですが、実際コストパフォーマンスがここまで良いとなると。そちらの選択肢はすっと消えてしまいました。

ひとつだけ不満点をあげるとすれば、メモリカードスロットがないところ。本当にそれくらいしか感じません。
ようやく生産も追いついた模様でそれなりに出荷できるようになってきたXiaomi Mi Notebook Air 12inchモデル、価格も現地でややさがりはじめているようですから、検討してみてもいいのではないでしょうか。