カメラに主体を置いたスマートフォンとしては、ちょうど1年前のクリスマスの頃に、Panasonicが当初海外だけで発売しており、その後日本国内でも出荷数を限定して発売した1インチセンサーを搭載した「DMC-CM1」というスマートフォンがありました。そして、今年になってASUSがまた違った切り口でカメラに注力したスマートフォンが発表され、ようやく海外での発売が開始されました。それがこのASUS 「 ZenFone Zoom」、光学3倍ズームカメラを搭載しています。64GB版と128GB版があり、私は128GB/4GBモデル(型番Z00XS)を入手しました。
2015-12-28-12-40-58


 
パッケージをあけると本体と付属品のストラップが見えます。同梱品としては、説明書、USBケーブル、アダプタ、イヤフォン程度となっています。
2015-12-28-12-41-42
本体カラーはブラックを入手しました。背面側の質感は革のようになっていて、グリップのようなでっぱりがあり、その部分にはステッチもしてあります。
2015-12-28-12-42-53
この薄さもすごいですよね。
2015-12-28-12-43-01
この薄さなのに光学で3倍、デジタルズームをあわせることで12倍のズーム機能が搭載されています。以前、Samsung製のGalaxy K Zoomも購入して利用したことがありますが、あちらはあからさまに大きくカメラが目立ち、ズームもしっかりと目立つ形状をしていました。
2015-12-28-12-44-05
カメラはf2.7-f4.8のHOYAのレンズが搭載された、1300万画素のCMOSカメラとなっています。手ブレ補正機能やフラッシュ機能も搭載されています。本体の背面のやや目立つ位置にカメラが搭載されているのが特徴的です。
2015-12-28-12-43-53
特徴といえば、海外製のスマートフォンとしては珍しくストラップホールが付いています。これもカメラをメインにしているからなのでしょう。
2015-12-28-12-43-14
背面全体を見るとこんな感じとなっています。シックなデザインで、わりと黒でも女性が手にしても嫌ではない感じがします。

これと「DMC-CM1」についてはセンサーサイズが異なることもあり、むしろSamsungの「Galaxy K Zoom」をより軽量コンパクトにしたという印象を受けました。まだ撮影などをあまり試していないので撮影事例なども含めてまた別途記事にしたいと思います。