このあいだお迎えしたGalaxy Note 5ですが、使えば使うほどよい端末なので本当に気に入ったのはいいのですが、いかんせんメモリカードスロットが搭載されていないので、32GBという容量が不安だらけでした。
そこで、一度手放し、台湾で発売されている64GBモデルに買い換えました。この容量のゴールドモデルはないので、ホワイトモデルになりました。おかえりなさい、Galaxy Note 5。
image
色がホワイトになりましたが、確かにゴールドは美しかったものの、すぐに指紋が目立つというデメリットもありました。ホワイトカラーは質感もちょっと違う印象で、また指紋もほぼ目立たないので、安心して愛用できそうです。
image


それから、香港版は日本語ロケールがそのままの状態では選択できない(例のいつもの方法で行う必要がある)のですが、台湾版だと日本語ロケールが普通に選択可能となっています。ただし、フォントはやはり中華フォント…
image


買い換えてまでも使いたかったのは、やはりカメラ機能の良さにあります。
国内で発売中のGalaxy S6 Edgeのカメラ機能をそのままに、それとノート機能が一緒に利用できるだなんて、本当にすばらしいと思います。
Samsungとしては、日本での発売は考えていないとしているようですが、iPhoneの発表の直前でもあり、それとずらしたタイミングで投入を考えてもおかしくないのでは、と思っています。

ノートシリーズを愛用しているユーザーにとって、このGalaxy Note 5は。これまでのなかで最高の完成度として利用されることになると思いますので、できれば本当に発売してもらいたいと思っています。