胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    2016年01月

    先日購入してみたASUSの光学3倍ズーム搭載のスマートフォン「ASUS ZenFone Zoom」ですが、実はすでに手放してしまいました。
    ではなぜ手放してしまったのでしょうか。

    ■ズーム搭載なのでズームしようとするとそれが遅い
    このあたりはズーム機能搭載のデジタルカメラと比較してはいけませんが、ズームをしたくてズーム操作をしようとすると、そのズームがちょっと遅いと感じることにありました。静止したものをズームするならまあいいのですが、シャッターチャンスはのがしてしまいそうです。

    ■トータル12倍ズームが可能だが画質はかなり劣化する
    撮像素子が小さくてもそれなりに撮影できるコンパクトデジタルカメラのズームよりも画質が劣化します。やはりスマートフォン用の撮像素子だからなのでしょうか。
    もう少しここはがんばってもらいたかったところです。 

    ■Zen UIが苦手である
    ASUS端末共通に言えることなのですが、ASUSのスマートフォンやタブレットはオリジナルのZen UIとなっていて、ホーム画面などもそれが採用されています。が、これがとても苦手です。
    あと、あれこれ機能が満載されているのですが、そのあたりもあまり必要ないように思います。
    オリジナル機能満載という意味では他のメーカー(SamsungやHTCなど)もやってはいますが、もう少し洗練されたものになるといいのですが。

    ■解像度が低い
    これはもうどうしようもありませんが、画面解像度が低いのがせっかくのカメラを売りにしている端末なのに、撮影した画像の確認がしづらいのです。

    ■端末のバランスが持ちにくい
    カメラの位置がカメラを意識した場所(スマートフォンのように本体を縦にもったとき上にあるのと違う)として真ん中よりにあるので、まず、普段スマートフォンとして使おうとするとレンズを握りこんでしまいそうで不安になります。なので、普段使おうとするとちょっと意識して持たないといけないのですが、本体の重量が重めなのでちょっと持ちにくく感じました。
    これにケースなどをつけてしまうとさらに重量が増してしまいます。

    これらの要因が地味に重なって、結果持ち歩いてもあまり撮影しない、という結果になってしまいました。ズームでの撮影ができるのがいいなと思っていたのですが、いかんせん画像があまり綺麗ではないので12倍では利用しないですし、3倍までの写真にしてもだったらiPhoneでデジタルズームでの撮影でもまあいいかな、と思えてしまうのです。
    カメラを売りにしている、と大々的に発売するのであれば、やはりもう少しカメラを使いやすいように、解像度は高くしたうえで、余計な通知などが表示されないようにしたり、ズームの高速化などにも力を入れて欲しかったように思えてしまいました。
    あと、個人的な感想として、スペックよりはやや動作が重たいように感じたのも魅力が減退した要因ではありました。
    過去に使っていたSamsungのGalaxy K Zoomのほうが操作性は上であったと言えるでしょう。

    今回のZenFone ZoomはASUSにとってははじめてのカメラ機能重視の端末でしたので、今後のブラッシュアップに期待したいところです。
     

    実はiPad Proは一度手放し、タブレットらしいタブレットがひとつもない状態になっていました。でもやっぱり何かほしいなということでいろいろ物色していたものの、相変わらずサイズと使い方と重量とOSのバランスで悩んでぐるぐるめぐりをしていたわけです。でも、だったらもういっそえいやと新製品にいってしまおうということで、Googleが先日海外で発売したばかりのAndroidの最新OSであるmarshmallowを採用したPixel Cの64GBモデルを購入してみました。
    2016-01-04-15-52-38

    【Google純正Nexusではないタブレット!「Google Pixel C」ファーストインプレッション】の続きを読む

    このページのトップヘ