胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    昨夜、DxO Oneのアプリケーションとファームウェアが、アップデートされました。まずは、アプリ側ですがなんと日本語が、正式サポートされました!
    これまでは英語だったのですが、普通に日本語表示になって、よりわかりやすくなりました。

    あと、撮影時に画面からDxO One本体のバッテリー残量がわかるようになったりもしています。

    DxO One本体もファームウェアがあがり、画像についても細かな調整が、そして、DxO One単体での撮影がしやすいように、背面のパネルで、おおよその構図を表示できる機能が追加されました。
    モノクロでザラザラでも、およその位置はわかりますので、これまでの感で構図を決めるよりはわかりやすくなりました。

    また、本国価格も$499に値下げされましたので、日本向けの発売時にはいくらになるのか、楽しみにしたいところです。

    まだざっくりとですがいくつか写真を撮ってみました。現像環境をまだ用意できていないこともあって、iPhoneに保存できるJPEG形式のAUTOモードでの撮影、フラッシュオフです。

    こちらの写真、DxOが置かれているほうはiPhone6sの内蔵カメラで撮影。もう片方がDxO Oneで撮影したものです。

    2016-02-17-12-25-00
    2016-02-17-12-25-42
     ここからはすべてDxO Oneで撮影した画像です。
    2016-02-17-17-47-26

    2016-02-17-17-47-57

    2016-02-17-18-00-30

    2016-02-17-18-33-59

    2016-02-17-18-34-18

    2016-02-17-18-35-59
    ぱっと撮って出しでこれくらいになって、すぐiPhoneでSNSなどにシェアできるのはとても便利!持ち歩きに関しては、本体に装着していても、スライドを閉めてしまえばカメラの電源はオフになるので、とりあえずそのままでもiPhoneは使えますから、いろいろ撮りながら歩きたいときにはつけたままにしてみました。

    思ったよりも使い勝手もよく(発売当初よりファームアップなどもされているからかもしれません) 、個人的にはかなり気に入りました。何より小さくて軽いので、本当にジャマになりません。

    もう少し天気のよい日中などにも撮影してみたいとおもいます。 

    このページのトップヘ