胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    愛用中のキングジム ポータブックですが、もちろんWindows10でも、まったく問題はないのですが、Androidを使えるようにしてみました。
    これは、Androidのエミュレーター「DuOS」をインストールしたものです。
    OSのバージョンはロリポップを入れていますので、マーケットからきちんとアプリケーションも様々なものをいれることが可能。
    evernoteも、PC用とはまたちょっと使い勝手が違うので、使いやすい方がえらべる感じです。
    下のバーにあるマークをクリックすることで、瞬時にWindows10に切り替えることも可能。

    わりとちゃんと使えるので、こういう遊び方もあるかな、と思います。

    発表されて、そして発売になってもずっとずっと悩んでいたものがあります。それが結局購入してしまったこの文具メーカーであるキングジムが開発した、ポータブック。なにしろスペックと価格のバランスが、最近様々な格安ウインドウズタブレットが登場するなかでは格段に悪いので、それだけでも購入に躊躇する人が多数いるからです。でも、それでもやっぱりこのギミックは使ってみたかったので手を出してしまいました。
    2016-04-07-19-52-41


    パッケージは本体よりも大きく感じてしまいます。

    閉じた状態の本体、厚みは噂どおりにしっかりとありますが、わたしの場合にはむしろ薄型でも大きなもの(たとえば12インチ版のiPad Pro)のほうが、バッグによっては持ち歩きがしづらいです。厚みがあってもサイズそのものが小さければ、それなりに持ち歩きやすいという場合も出てきますので、そこは問題ありません。
    2016-04-07-19-54-46


    キーボードはこんな感じでおさまっています。
    2016-04-07-19-55-21


    半分開くとこんな感じに、このままぐいっと開きます。
    2016-04-07-19-55-57


    キーの厚みはちゃんとあるので、タイピングをしているという感覚はちゃんとあります。このあたりはさすがポメラで培われた部分だなぁ、と思う次第。エンターキーもちゃんと大きなサイズなのは好感が持てます。
    2016-04-07-21-06-12


    とりあえず出したら放電していましたので充電します。充電中はキーボードの下部にあるLEDがオレンジ色に光ります。充電が完了すると白くなります。
    2016-04-07-19-59-06


    さて、とりあえず起動してみました。画面サイズは小さいので、やっぱり文字などが小さいですね。これにどう慣れていくのか、っていうところですが、昔はまあこんなだったんですよね…とか思ってしまいました。もっと小さなマシンもあったわけで、そのときは普通に使っていたのですが、なれとは恐ろしいものです。
    2016-04-07-19-59-56


    用途としてはSNSとメール、ブログ書き、ちょっとした調べものなんかですね。となると、あまりアプリケーションを入れる必要もなく、またクラウドサービスを利用すればこれはこれで問題ないんじゃないだろうか?と思っています。そのあたりも実際使いながら検証してみたいです。ちなみに、この投稿もポータブックで書いています。まだ開封してすぐですが、違和感はあまりなくサクサクと入力できます。 

    というわけで、Pixel Cが帰ってきてしまいました、手放してはまた買い、これで三度目…
    image


    Windowsにしてしまうと電子書籍コンテンツの使いにくさでやっぱりAndroidのほうが使いやすいかなぁとなり、そこにiPad Pro 9.7が登場したりなどなど、迷走しまくっていますが、ちょっとだけ使ったiPad Pro 9.7に関しては、とてもよい機種ではあるのですが、なんていうかあのキーボードの質感がだめでした。で、ペンをどこまで使うのか、ということになりますが、ペンを使いこなすことにあこがれつつも絵心のなさでいつも悩むという次第…

    そんなときにiPad Pro 9.7のためにPixel Cを手放すという方がいたので、そこからこっちに来てしまいました。
    セッティングに関してはもう前のまんまで、とくに困ることもありません。Android用のTwitter純正アプリのキーボード非対応度合いのひどさだけがネックではありますが、それ以外においてはPixel Cのキーボードはとても打ち心地が気に入っているのです。

    日本ではいまだに発売されないうちに、世界のデベロッパーに対してのディスカウント販売が開始されるなど、販売に関してもどうしたいのかよくわからないPixelシリーズですが、このまま販売は行われないのかもしれませんねぇ…

    このページのトップヘ