胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    筆ペン、、お正月になると年賀状を書くために買ったり使ったりはするものの、それ以外の時期にはたとえば個展に行ったときに名前を書くのにおいてあったり、お祝い事や弔辞の際に使う程度という人が多いかと思います。

    かくいうわたしもあまり字に自信がなく、最近では手書きをする機会もあまりないので、そんな感じではあるのですが、先日ちょっとした探し物をしに出掛けたショップで素敵な筆ペンを見つけて購入してしまいました。
    20180820_235024

    クラフトデザインテクノロジーの筆ペンです。桐箱に入っているのでギフトにもよさそう。

    20180820_235326
    インクは3本ついていたのでそのうちのひとつのカートリッジを装着。ペン先は合成繊維をあえて採用しています。

    ペン自体は100年を誇るメーカー「呉竹」が製造しており、カートリッジもそこから出ているものが利用できます。

    ともかく店頭にあったお試し用のペンでちょっと字を書いてみたら、その書きやすさに驚いてしまったのです。なんだかちょっと字が上手くなったような?錯覚すら覚える書き心地(笑)に購入を決めてしまいました。

    とめやはらいも書きやすく、ボディカラーの深いグリーンも美しく、持ち歩いてさっと何かを書きたくなる、そんな筆ペンです。

    Amazonや楽天でも購入できます。クラフトデザインテクノロジー 筆ペン あたりで検索するとすぐに出てきます。(私はアフィリエイトはしないので)

    たまにはこういうちょっといいペンで季節のお便りなんかを書いてみてはいかがでしょうか?

    ようやくSurface Go用のタイプカバーがAmazonから到着しました。実はプラチナカラーのタイプカバーを代行に頼んでいるのですがトラブルがあり、発送がかなり遅れたのでAmazonで自分でオーダーできたので頼んでしまったのです。結果こちらのほうがはやく届いてしまいました。まあ予備にしてもいいかなというところで。

    米Amazonでオーダーできたのはこのブラックカラーでした。まあブラックのほうが安いのでそれはそれでいいのかなと。質感が違うので実際届いたらプラチナのほうが使いたいのですけれどもね。

    20180813_093633


    これまでのタイプカバーと違い、Surface Go用のものは打鍵したときのタッチ感がかなりしっかりしているのが特徴だと思います。跳ね返す力がやや強めで、それなりに薄いのですがしっかりと入力できる感じがします。ただ、人によってはサイズが小さくなったことにより入力が慣れるまでしづらいと感じるかもしれません。私は手があまり大きくないのでこれくらいでもちょっと慣れてしまえば大丈夫そうです。
    (実際この記事はSurface Goとタイプカバーで書いています)
    20180813_143517

    まあカバーをしてしまうと重量が増してしまうのはやはり仕方がないのかもしれません。そのあたりはiPadでも同じことですし、iPad用のキーボードカバーの質感と比較すると、個人的にはSurface用のほうが好みです。また、廉価モデルであるiPadにはキーボードカバーが使える端子が用意されていません。そのため、キーボードカバーを使うにはiPad Pro以上である必要があります。となると本体価格もあがってしまうので(米国の場合)、Surface Goのほうが有利になる部分も出てきそうです。

    いまのところ画像処理アプリはまだ試していないのですが、そのあたりもインストールしてみたうえで更新環境としての快適さなどひっくるめてまた書きたいと思います。


    届いてからほぼ毎日持ち歩いているSurface Go、iPadかこちらか、というサイズ感なので苦もなく持ち歩いています。たた、タイプカバーがもうすぐ到着という遅延っぷりのため、Microsoftの薄型キーボードをお供にしています。
    20180811_165937
    これがまあキーサイズがガタガタでして、なかなかに使いにくいので、はやくタイプカバーが来ないかとイライラしながら使っています。

    それ以外はペンも含めてかさね満足なのですが、米国価格だからこその満足感なのかな、と思う部分もあります。同サイズくらいの2in1タイプのWindows機がないわけでもないからです。それでもキックスタンドがあって使いやすく、デザインもすっきりしたSurfaceシリーズは好みではあります。

    20180812_123054
    いまは背面もデコレーションし、画面にはビザビ製のペーパーライクフィルムも貼りつけています。ペーパーライクフィルムはiPadでも愛用していますが、やはりある無しでかなり差がでるので描くのが好きな人は使うと良いかと思います。ただし、画面がザラつきますので、動画メインだと気になるとは思います。

    20180809_203630
    ともかく小さめのバッグだろうがリュックやトートバッグだろうが気軽に持ち歩けるのが嬉しくなります。
     
    ただiPadやAndroidと異なり、まだまだアプリケーション側がいわゆる古きPC時代を引きずっている感が否めない部分があります。横向きで使うことがまだまだ前提なんだなぁ、という感じがしてしまいます。
    そのあたりをMicrosoftが今後どうしたいのかですが、カジュアル用途にもっとSurfaceが使いやすくなってもらいたいと思います。

    このページのトップヘ