胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    [画像:b640edba-s.jpg]
    ピーアップから発売が開始され、先行して携帯ショップ「テルル」で販売されているということで、テンキー採用の折りたたみ式Androidスマートフォン「Mode1 RETRO」を購入しました。
    [画像:697cb6b5-s.jpg]
    カーボン柄が素敵で、カラーはブラックとホワイトがありますが、ホワイトは店頭でややすでに汚れがきになったので、ブラックを選びました。
    ストラップホールが本体向かって左にあります。
    [画像:593994a1-s.jpg]
    内側はブラックモデルはピンクゴールドっぽい色味です。文字は見やすいサイズ。
    キーのクリックはわりとしっかり押さないと、という感じでしょうか。押しにくくはありませんが、もう少し軽い方が疲れないかもしれません。
    [画像:7fbc9f4f-s.jpg]
    画面は3.5インチIPS液晶で、解像度はワイドVGA(800×480)となっています。最近の大画面に慣れていると狭く感じるかもしれません。
    ただ、通話とメールやメッセンジャー、SNS程度ならあまり困りません。
    [画像:55835bb3-s.jpg]
    上部にあるふきだしマークのキーは?と思ったらアプリの呼び出しキーでした。

    動作がやや緩慢なのはメモリが2GBとやはり厳しいからだと思います。サクサクとした最近の機種に慣れていると、やや懐かしいもっさり感があります。
    ただ、キーの操作性は悪くは無いので、せめて4GBは搭載して欲しかったです。

    また、Android7.0を採用しているので、様々なアプリが普通に使えるテンキー採用のSIMフリー端末として安心して使えます。

    ちなみに文字入力にはOpen Wnnが採用されており、上部にある文字種チェンジ、顔文字、絵文字のキーにも対応しています。タッチパネルも搭載していますので、タッチパネルを利用するタイプの入力方式も利用できます。

    値段も税金込で2万円ちょっと、と大変格安ですので、ガラケースタイルでサブ機として、というニーズにはよいのかもしれません。

    BlackBerry KEYoneはちょうど夏前くらいに一時的に使っていたのですが、その後国内代理店からも発売が開始になり、私は手放してしまったのですが、何故かその後7月になってインドでLimited Editionと呼ばれるモデルが発売されたのでした。メモリが3→4GBに、データ容量が32→64GBに強化され、カラーリングはブラック!はじめからこちらで発売して欲しかったレベルですが、このLimited Editionがやってきました!
    [画像:db8c7fd2-s.jpg]
    こちらにちゃんと記載がありますが、それぞれ容量がアップされています。
    [画像:e8b8bf59-s.jpg]
    開封してみます。確かにブラック…カッコイイです。
    [画像:681eba1b-s.jpg]
    [画像:191cf668-s.jpg]
    通常モデルと違い、背面のロゴもブラック。
    [画像:57e3edc6-s.jpg]
    インド版ですが、キーボードはグローバル配列でなんら問題ありません。

    実際起動してちょっと使ってみたのですが、通常モデルより動作はキビキビしているように感じます。
    [画像:1423a120-s.jpg]
    Antutuの結果です。

    ケースに入れてしまうのがもったいないようなカッコ良さで、クリアケースを早急に入手しなければなぁ…と思っています。

    あんまりウェアラブルカメラには反応しないのですが、ちょっとタイムラインを見ていたところこんなのいつリリースされたんだろう?というウェアラブルカメラが発売になるということで、早速米アマゾンから購入してしまいました。まだあちらでも発売されたばかり、金曜にオーダーして今日到着しました。それがUbiquiti社の「FrontRow」というもの。デザインが斬新で、タッチパネルの美しい画面が特徴的なウェアラブルカメラです。
    https://www.frontrow.com
    2017-08-21-19-42-04
     早速パッケージを開封、なかなかオシャレなデザインに驚きます。ぱたぱたと開くとこんな状態。
    2017-08-21-19-42-35
    そこから両サイドはした部分だけをピリピリっと開いてあけるとこんな状態になります。
    2017-08-21-19-43-20
    左からマグネットアダプタ、中央が充電用ケーブル、右が本体となっています。マグネットアダプタの下には首から下げるためのアタッチメントが付属しています。 
    2017-08-21-19-45-58
    本体カラーはブラックとピンクっぽいホワイトがあるようですが、まだブラックしか発売されていませんでした。本体のアタッチメントをこのように外して、ネックレス用のアタッチメントにつけかえます。
    2017-08-21-19-46-16
    パチッとはまるので安心、ちゃんと固定されます。
    2017-08-21-19-47-32
    本体背面にはロゴマークとカメラ。
    2017-08-21-19-48-19
    こちら液晶画面、こちらにもカメラがあります。
    2017-08-21-19-48-25
    設定画面がはじまります。これだけの文字を表示しても見やすく綺麗。
    2017-08-21-19-49-16
    ネットワークに接続すると自動的に時間などは取得します。
    2017-08-21-19-49-37
    ここからは利用したいスマートフォン(iPhone、Android両方)にアプリケーションをインストールして連携したうえで設定をする必要があります。FrontRowとスマートフォンはBluetooth経由による接続となります。
    2017-08-21-20-06-16
    設定が完了すると背景画像も好みの写真にしたりすることができます。さて、これで何ができるのかというと、Twitter、Facebook、Youtubeなどと連携したライブストリーミングや、ライフスタイル的な写真撮影、静止画や動画の任意撮影などとなっています。まだ屋外で使ってみないとコメントできない部分もありますので、明日以降テストしてみたいと思います。

    ただ、何がいいってこれは本体が綺麗です!何しろ写真表示してペンダントとして下げるだけでも面白い。そう思えてしまいます。さて、あとは実際の使い勝手がどうなるかですね、楽しみです。 

    このページのトップヘ