胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    最近はカメラもスペック競争になってきていてまたちょっとつまらないなぁ…と思っていたのですが、トイデジにはまったり、フィルムカメラも多数所持していた頃の感覚から、先日Kickstarterで出資を募り、出荷が開始されたカメラを入手してみました。そのカメラにはなぜか「YASHICA」の文字が…YASHICA digiFilm Camera Y35というカメラです。
    20181010_101922
    パッケージをあけると本体と別に4種類のカートリッジが見えます。その他、ケーブルとマニュアル程度といういたってシンプルな内容です。
    20181010_101939
     本体はヤシカの古いフィルムカメラ、ヤシカエレクトロにそっくりです。
    20181010_102051
    巻き上げのギミックが採用されていて、これを巻き上げないとシャッターが切れない仕様になっています。
    20181010_102056
    本体背面を開くとまるでフィルムを入れるような感じの場所が。ここに電池(単三乾電池)と、同梱されていたフィルム形のカートリッジをいれて使います。
    20181010_102142
    フィルムカートリッジはB&W、6x6、iso200、iso1600という感じでわかれていて、つまりその設定で撮影するにはこのカートリッジをいれて撮影する必要がある、という設計になっています。
    20181010_102223
    カラフルでかわいいですし、撮影の途中でも入れ替えてもちろん撮影することは可能です。なお、データ保存はノーマルサイズのSDメモリカードへの保存となっていて、メモリカードから取り出して確認するまでは撮影された画像がわからない形になっています。
    Y35_0003
    とりあえずB&Wのカートリッジをいれて撮影してみました。日中屋外での撮影です。
    Y35_0004
    なかなかどうして雰囲気のあるよい写真になりました。
    20181010_122308
    ちょっと懐かしいフォルム、いちいちフィルム形のカートリッジを入れ替えないと撮影モードが変えられない仕様、SDメモリカード上から取り出さないと確認できない撮影画像、巻き上げないとシャッターが切れないつくりなどなど、トイデジファンであればなかなかにグッとくる仕上がりとなっています。

    本体の質感の樹脂っぽさは否めませんが、むしろこの大きさで金属などを使ってしまうと本当に重たいのでそれよりは軽くなるし、かわいいのでいいかな?と思いました。シャッターを切るのに、ちょっとしっかりめに押さないと認識されにくい部分だけが慣れが必要ですし、手ぶれ補正なんかもありませんから、そのあたりを意識して撮影すると楽しめそうです。

    久々にこれはこれで楽しめそうなカメラに出会えました。 

    いつでもどこでもプリンター系の商品って、すぐ手を出してしまうわたし。これまでいろいろ使っていましたけれど、写真を綺麗にプリントしたい、とかでなく「いま!この!このツイッターの投稿をメモしておきたい!」とか「付箋的にこの情報を保存しておきたいのよね手帳に…」なんていうことのほうが実際多かったりして。ただ、その手の商品は電源が必要なものや、iPhoneしかアプリが対応してないもの、用紙のランニングコストがいまいちなものが多かったわけで。で、クラウドファンディングサイトGREEN FOUNDING By T-SITEでバッカー募集中のPAPERANGの300DPIバージョン P2を、レビュー用に提供していただきました!(https://greenfunding.jp/lab/projects/2404?utm_medium=GREENFUNDING&utm_source=Portal
     
    20180831_074732
    このPAPERANGという製品、すでにアマゾンに同じ名前のものが販売されていたりします。ですが、そちらは前モデルの解像度が低い商品で、今回バッカー募集してファンディング自体はsuccessしているこちらのP2とは違うものとなっています。
    アプリケーションがiOSとAndroidOSの両方に対応しているのでうれしい!
    20180831_074853
     開封するとこんな感じのかわいい丸みのあるフォルムの本体が出てきます。厚みはちょっところんとしている感じではありますが大きくなくて手のひらにのっかる程度なのが魅力です。バッテリーは充電式(マイクロUSB)なので、スマホ用にモバイルバッテリーを持ち歩いていれば給電もすぐできちゃいます。
    Screenshot_20180831-075025_Paperang
     こちらが専用アプリ(Android版の画面、iOS用もほぼ変わらず)です。マーケットから「paperang」といれて検索するとすぐ出てきます。
    Screenshot_20180831-075035_Paperang
    初回アカウントの作成が必要となります。
    Screenshot_20180831-075227_Paperang
    アカウント作成とログインが終わると、今度はプリンターと接続することになります。接続はBluetoothでおこなわれます。
    20180831_075244
    プリンター本体の向かって左上にある電源ボタンをちょっと長押しすると電源が入ります。あとはアプリケーションで接続するだけ、認証が行われてプリンターが登録されます。このあたりもすごくわかりやすいので複雑な手順がほぼありません。
    Screenshot_20180831-075310_Paperang
      これで接続が完了です。あとは画面のなかで様々な機能を利用していくことになります。
    Screenshot_20180831-075344_Paperang
    ちなみに用紙も選択する必要がありますが、様々な用紙が用意されています。このPAPERANGは「感熱紙」と言われるもの、わかりやすくいうとレシートで使う紙を利用します。互換性のある紙もあるのでそのあたりも今度使ってテストしてみたいと思います。
    Screenshot_20180831-075411_Paperang
    いちばん簡単な写真をプリントする機能の場合、表示される写真の一覧から、プリントしたいものを選択するだけです。
    20180831_075432
    転送されるとプリンターの上部から写真がプリントされてでてきます。プリントが終わったらレシートみたいにぴりぴりっと切り取るだけ!
    20180831_080113
    ちなみに気になるツイートを保存してプリントしたところがこんな感じ。ツイート画面そのままにプリントすることができてカワイイ! 
    20180831_224925
     いろいろプリントしたものをメモにまとめたり、手帳に貼り付けたりすることもできます。私はマステを使っていますが、シールがついた用紙もあるのでそれを選んでもいいと思いますので、そちらも買ってテストしてみたいです。

    とりあえず開封レビューでしたが、じつはまだアプリに様々な機能があるんです!なので、次のレビューではさらなる使い方を紹介したいと思います。 

    このところGalaxyの新型を試したものの、帯に短し襷に長しであまり満足できなかったのですが、そんな中で入手出来るタイミングがあったので、Huawei Honor Note 10を入手してしまいました。
    20180830_102126
    Honor Note 10のディスプレイは2220×1080ドット、6.95インチの有機ELパネルを搭載しています。つまり、ほぼ7インチ!
    20180830_102132
    カラーはブルーとブラックがあるのですが、ブラックにしました。
    20180830_102139
    このサイズにAI対応のデュアルカメラ搭載なのはそそります。
    20180830_102145
    画面の美しさは流石です。バッテリーは5000mAhもの容量があり、画面にノッチがないのはうれしいところ。
    Huawei P20 Proを使っていてかなり満足度が高いと実感していましたが、感覚は近いです。
    20180830_102216
    左からSamsung Galaxy S9 Plus、Samsung Galaxy Note9、Huawei Honor Note 10ですが、単体で持つと大きく感じるS9 Plusがこんなにも小さく感じます。

    とりあえず設定して感じたのは、顔認証や指紋認証が本当に素早いのです。むしろ、Galaxy Note9が遅く感じるほど。そういう意味では、最近のHuaweiの技術力の向上度合いはすごいものがあります。
    ちょっと前ならSamsungのものなら最新の技術バリバリで、という印象がありましたが、いまはむしろHuaweiやOppoが台頭してきているように実感しています。

    タブレットのような感覚で使えるスマートフォンとしてとても使いやすいサイズです。また使用してレビューします。

    このページのトップヘ