胃袋

40代になったガジェット大好きな私が家庭と仕事をしながらあれこれ消化していきますよ。

    ついうっかり新しいLeicaを買ってしまいました。Leicaといってもスマートフォン、Huawei P20 Proです。
    20180420_195655
    カラーはミッドナイトブルーに。トワイライトというグラデーションカラーも人気がありますが私はこちらの方が好みでした。
    20180420_195808
    Huawei P20 Proの最大の特徴はこのカメラ!Leicaだし、デュアルどころかトリプルカメラなんです。
    20180420_195817
    それにしても次第に完成度が増しているのがHuaweiのスマートフォン。格安モデルと上位モデルの棲み分けもきちんと、できています。
    このHuawei P20Pro、まだ少ししかいじっていませんが、本当にすごいなぁ、機能が使い切れない、、という感じです。
    20180420_200203
    まずはカメラのために買いましたので、色々撮って楽しみたいと思います。

    先日、ガラケーを愛用している母親が突然iPhoneを使ってみたいと言い出したので、使用しているガラケーにプラスする形でiPhone 8 Plusを買ってきました。設定をいろいろしてあげていたのですが、そのうちにあれ?わりといいんじゃない?と思い始め、ちょうどそのタイミングでPRODUCT REDのモデルが発表されたこともあり、買ってきてしまいました。
    20180413_125724
    パッケージは色以外は別に変わらないかと思いますが念の為。
    20180413_125641
    今回のREDモデルはiPhone7のときとは違い、表面のパネル周囲のカラーがホワイトからブラックに変更されました。そのおかげでかなりひきしまって見えますが、ちょっとAndroidにもありそうな雰囲気もw
    20180413_125654
    でも背面パネルの美しい仕上がりはさすがAppleといったところでしょうか。この赤色、日本でいうところの「紅」の色のように感じます。日本人やアジア系の人たちの髪色や肌によく似合う色合いです。
    20180413_125709
    かなりつやつやなので指紋が気になるかと思いましたが、そこまでしっかりとべたっとつきはしないので色の濃さもあいまってさほど意識しなくてもよさそうです。
    メインをこっちにするか悩んでいるところです。

    以前、耳を塞がないイヤフォンとして発売された ambie sound earcuffs を買ってみました。音の伝わり方としてわざと空間をもたせることで、まるでスピーカーからきこえる音のような感覚でイヤフォンからの音を楽しめるという製品でした。
    http://ibukuro.techblog.jp/archives/69279600.html 

    今回その後継機として、Bluetooth接続で使えるwireless版である ambie wireless earcuffs が発売になったので、早速購入してしまいました。(https://ambie.co.jp)
    20180406_205459
    パッケージはこんな感じ。私が選んだカラーはCactus Green、なんだかそら豆みたいな色でかわいい感じがしたのです。このほかにMy Heart White、Asphalt Black、Stamp Orange、Toypu Brown、Pop Skyがあり、あわせて6色となっています。
     20180406_205443
    本体はBluetooth対応となったため、このような感じで首にかけて使うタイプとなりました。充電にはmicroUSBで行います。耳への装着などは以前のambieと同じカフス式です。
    20180406_202542
    ボリューム調整ボタン、電源ボタンなどはこのように内側に搭載されています。ペアリングに関してはNFC対応していますので対応スマートフォンであれば重ねるだけで簡単にペアリングできます。
    20180406_202555
    ということで装着感はかわらずにそのままといった感じです。
    実際に使ってみるとこれがすこぶる便利!なんといっても家事との相性がGOODです。wirelessになったことでスマートフォンからはなれた場所でも再生できるので、洗濯物をたたみながらでも、料理をしながらでも使えます。また、室内に音を流しまくってもいいのですが、自分の耳元だけでやさしく響くので、周囲への音の響きが気になる場合も安心して使えます。完全に耳をふさがないので、宅配便が届いてもきこえます。何より音がやさしいのです。

    個人的には買って正解だったな、と思いました。ただ、音楽をがっつり聴きたい、音質にこだわりたいという人には向かない製品ですので、そこのところは判断してもらえればなと思います。 

    このページのトップヘ